せどりから会社員を辞めて独立するタイミングについて

質問:MASAHIROさんは会社員をやめるのにどの程度稼げたら辞めたのでしょうか?
せどりで毎月利益が30万あったとしても生活費で使ってしまったらお金は増えていかないことになると思います。
するとかなり生活がきつくなると思うのですが、いつ会社員をやめることを決意したのでしょうか?

回答:これは守るべきものが多い人ほどハードルが上がると思っています。

僕は家のローンもなければ養う家族もいないので非常に身軽な状態でした。

最悪、フリーターでも月15万円くらいあれば生活できます。(あと、独立して思ったのは、仕事関係の付き合いがなくなると出費が減ります。笑)

それでも、なんとなく公務員の安定性にしがみついている自分に気づいたので辞める決意をしました。

僕の場合は生活費というよりは、メンタルブロックだけの問題でした。

僕も独立する前は「月300万円くらい稼げたらやめようかな~」とか言ってましたが、正直、その数字に何の意味もありません。
(僕自身は辞めたときは副業の時点で、最低でも月50万円は切らないかなというレベルにはなっていました。)

ビジネスを自分でやる以上、来月、不測の自体があって、急に収入が0になる可能性もあるわけです。
そして、独立する上で必要な覚悟は二つあると思っています。

1、最悪の事態のシュミレーションとそれに対する覚悟
2、常に進化・成長を続けるという覚悟

また、人生は「自分+環境」で形成されているので、今の環境「職場・家族」に配慮も必要です。
(これができてないと、何らかの形で環境からのフィードバックが返ってきます。)

家族がいる場合は、相談をした上で、人生を決めていくといいでしょう。

職場もあなたが構成員の一人として入っている以上、あなたが辞めることで何らかの影響を受けます。

それに対しての配慮を忘れないようにしてください。

で、ここまではマインド論です。

僕は収入面以上にこのマインドができているかが重要だと思っています。

ただ、現実的な問題として考えないといけないのは、いくらのキャッシュフローが最低いるのか
という部分です。
(自分が絶対に捨てることができないものを守るうえで必要なお金です。)

せどりで利益30万円を出していたとしても、
「それが自由に使えるお金としての30万円なのか?(仕入れに回さないといけないお金ではないか?)」

ということは考えるべきです。

在庫を抱えれば、それだけ利益を出すのは簡単になりますが、手持ちのキャッシュが少なくなります。

サラリーマンであれば、固定の収入が入ってくるので貯金を全て仕入れに回すことができますので、極限まで資金を使うことができます。

仕入れ基準も緩めにとっても大丈夫でしょう。

しかし、利益から生活費が出るとなるとそういうわけにはいきません。(仕入れ基準も厳しくなります。)

また、Amazonのアカウントが凍結されても生活に困るようでは、心許ないので、二つ目の収入源を早期に作ることも考えていかなければいけません。
(販路の分散や情報発信等)

これらを述べた上で、最後に僕が贈りたい言葉としては、
「迷ったときは、自分がより進化・成長できる道を選んでください。」
ということです。

これは僕が独立を迷ったときに頂いた言葉です。

今では自動収入も構築していますが、退職したときは、そんなものなかったです。

正直、不安でした。

でも、「最悪、営業のアルバイトしながらでも独立する道を選ぶ。必ず成長する道にする」と決意したので、僕は辞めることができました。

この記事を読んでくれている方は、独立に迷われている方でしょうから、長文になりましたが書かせていただきました。

ありがとうございます。

コメントを残す