アイビーの花が気づかせてくれた原点

こんばんは。MASAHIROです。

前回のメールでは、4つのステージがあることを説明しました。

その中でも上の二つが貢献のステージで、貢献のステージにいる人の目標意識や求めているものの違いを鍼灸師のKさんを事例に説明したと思います。

ただ、こう思っている人もいることでしょう。

「そうは言っても世の中、綺麗事だけでどうにもなっていない人も多いじゃないか。」

この気持ちは非常によくわかります。
(僕も同じように考えていた時期があるので。)

僕も自分のスキルや能力を高めていけば、人生の自由度は高くなるし、好き放題できるように
なるから、そのことだけを考えていたらいい。

と思っていました。

実際に、手に入るものは増えるし、満たせる欲望も増えます。

他の人が味わえない貴重な体験もできることでしょう。

しかし、幸いなことに僕は、貢献を考えずに自分の能力やスキルに偏って高めていった人の末路をたくさん見ることができました。

規模や地位や名誉の形あるものを優先するがばかりにストレスまみれな生活になってしまう経営者もたくさんいることを知りました。

また、収入や手に入れているものは多いわけではありませんが幸せに満ちていきている人にも、この1年でたくさん会いました。

それこそ、体験したことや満たされる欲望が幸せの基準なのであれば、先進国は幸せで後進国は不幸であり、200年前の人は不幸で、今の時代の人は幸せということになるはずです。

でも、どう考えてもそうはなっていない。

ちょうど、その例として、今週参加してきたセミナーで結婚式のフラワーアレンジメントの会社を経営している方の話を聞いてきたので紹介したいと思います。

まず、大前提として、結婚式の業界は式場の権限が強く、

・音響
・お花
・映像

などの全体の雰囲気を演出する業者はアウトソーシングされるので、権限が非常に弱いらしく、新郎・新婦との打ち合わせもロクにできないし単価も低いようです。
(しかし、クレームで一番多いのが、音響・お花・映像の演出の部分のようです。)

1年前の状況としては、3姉妹+社員1名+アルバイト1人
という小さな会社でしたが、

「スタッフも新しく雇用したことだし、今年はあと100件くらい追加で受注をとる!」

という目標を立てたそうです。

そんな矢先、1週間としないうちに、

「式場のフラワーアレンジメントを年間契約で200件ほど業務委託したいのですが、可能ですか?ただし、アウトソーシングになるので、御社の会社名ではなく弊社の会社名での製作となります。」

という問い合わせが大手からきて、願ったり叶ったりという状況だったそうです。
(ちなみに、200件で年間売上は2000万円も増えるので忙しくはなりますが、お花の業界としてはかなり大きな契約です。)

ここまで聞くと世の中で言われる成功パターンですよね。
(収益アップ・規模拡大です。)

しかし、このあとに様々な問題が勃発します。

・雇った社員が履歴書には華々しい大きなイベントでの
実績を提示していたので即戦力として考えていたら
全然何もできないことが発覚する

・受注した200件の注文からは全く今までと同じように
花を選んでいるのにクレームが頻繁に起こるようになった。
(自分の会社名で受注していたときは15年間ほとんどクレーム
などなかったのにです。)

・即戦力になるはずが全然ダメだったスタッフを半年間、
手塩にかけて育てたら、ライバル会社に引き抜かれた。

・そのスタッフは、ライバル会社に過去のフラワーの
デザイン画をPCのデータから全部持ち逃げした。
(過去のデザイン画は全て同じものが一つとしてなく、新郎・新婦
をイメージして完全オリジナルで毎回作っていたそうです。)

・半年前から帳簿の数字が合わず70万円が消えた。
(3姉妹だけで経営していたときは、一度もそんなことは
なかったそうです。)

こんな感じで精神的に肉体的にもボロボロになっていた
ときに1本の電話が鳴ったそうです。

それが10年前に結婚式のフラワーアレンジメントを
担当させてもらったお客さんからの感謝の電話でした。

「あの時はありがとうございました!
今でも結婚式のときに飾っていたアイビーの花が
元気に庭で咲いています。あのアイビーの花に水を
あげるたびに幸せな結婚式の風景が蘇るんです。」

とすごく嬉しい声を届けてくれました。

その後、そのお客さんから1冊のアルバムが届け
られたそうです。

そこには、

・結婚式でブーケにしてもらったアイビーの花の写真

・そのアイビーが庭に植えられて元気に育っている写真

・結婚式当日のなつかしのグッツと二人に生まれた
子供たちの写真

・キッチンに飾られた式当日のテーブルフラワー

等々・・・

全てが10年前に想いを込めて作ったお花の写真でした。
(このアルバムも当日セミナー会場で見せてもらいましたが幸せと感謝の想いが溢れ出てきそうな素晴らしいアルバムでした。)

ちょうど精神的にも辛い時期で何のために働いているのかも見失いかけていた時期に届いたアルバムに涙が止まらなかったそうです。

そして、

”夫婦の幸せの原点をつくる”

のが私たち3姉妹の原点であり、天命だ!

ということに気づかせてもらったとか。

そこから自分の天命に対して違和感を覚えるお金のための
仕事はどんどん断っていったそうです。
(200件の大手からの受注も他の業者へ引き継いで辞めたそうです。)

しかし、それは当然、売上の大幅ダウンを意味します。

そこには強烈な恐怖心も出てきます。

それでも、

「最悪、3姉妹でパートしてでも納得できる仕事だけしようね。」

と誓いあったとか。

その後、もうひとりのスタッフも辞めることになり
遂に、3姉妹だけになりました。

それでも、揺るぎない決心のままご縁のあるお客さんに
今まで以上に全力で向き合うことにしたそうです。

それから数ヶ月後、そんな想いで作ってくれるフラワーアレンジ
メントの噂が広まり今では予約でいっぱいでなかなか依頼も
できない状態になっているそうです。

また、通常では保証金1億円は用意しないと入れないような
大手の式場から、

「今度のイベントはフラワーアレンジメントにこだわりたいので
是非とも御社にお願いしたい。保証金も要りませんし、いい値
で結構ですので、どうかよろしくお願いします。」

という依頼がくるようにもなったそうです。

とまあ~2時間くらいあった話を圧縮しまくったので、
どこまで伝わったのかは不安ではありますが、

「多かれ少なかれこんな経験ありますよね?」

今まで大事だと思っていたものが大事ではないことに
気づき、大きく決別する瞬間です。

そこから人生が転換して本来の自分(真我)に近づくことができた体験です。

僕もこれまでに何度かあります。

・今まで教えてもらっていた師匠を離れるとき

・公務員を辞めるとき

・今までやってきたビジネスと辞めるとき

次のステージに進む前には必ず大きな何かを捨ててきています。

これはアイデンティティクライシス(自我崩壊)ともいって人生に何度もやってきます。

とくに志が高い人ほど、何度も、そして強烈なアイデンティティクライシスを乗り越える経験を
しているはずです。(志が低ければ全然来ませんがw笑)

このストーリーを聞いてどう感じるかは人それぞれ違う
と思いますが、少なくとも僕は、

「どうせ生きるなら、この3姉妹みたいに志高く後悔がない人生を歩みたい」

と思います。

また、僕に関わる人にもそういう充実した人生を歩んで欲しいと思います。

だからこそ、

「転売で月利100万円なんて人生のゴールにしてちゃ
つまんないでしょ。」

ということは声を大にしていいたい。笑

ましてやサラリーマンを辞めて専業化することもゴールではないです。

もちろん、僕も今になってようやく腑に落ちてきた感覚なのでこのメール一通で全てが伝わるとは思っていません。

ただ、どこかのタイミングで気づくきっかけになっていたらいいなという想いで書いています。

MASAHIRO

コメントを残す