カードを武器にして戦う!

こんにちは。MASAHIROです。

今日はあらゆる達人が共通して
実践している勉強法についてお伝え
したいと思います。

占いの達人・・・
料理の達人・・・
受験の達人・・・
セールスの達人・・・
文章の達人・・・
物販の達人・・・

とあらゆるジャンルの道を極めているひと
に話を聞いてみたところ・・・

そういった人は例外なく、
思いもよらないようなアイデアを持っていて
それこそ、天才なんじゃないかというひと
ばかりでした。

「どうしてそういうアイデアが出てくるんですか?」

と、そういった達人に聞いても、

「なんとなく、
やったらうまくいきそうだと思ったから。」

という答えが返ってくるだけです。

しかし、大事なのはその
”なんとなく”の部分ですよね?

ここが無意識にやっているところですが、
すごく大事なエッセンスがつまっています。

そういった達人たちに、
聞かなければいけないのは、

”達人になる前に何をやっていたか”

ということです。

ここで例外なく答えとして出てくるのが
異常なまでの基本の型の反復学習です。

・占いの達人なら暦を何万件と書いている。

・数学の達人は、基本公式を何千回と復習して
瞬時に出てくるレベルになっている。

・英語の達人は基本例文300を一言一句間違わず
に答えられる。

・セールスの達人は、鉄板のセールストーク
パターンを繰り返し利用している。

・文章の達人は、文豪の文章を写経をして
学んでいる。

・物販の達人は、安く仕入れできるパターンと
高く売れるパターンを全部記憶している。

・将棋の達人は基本の手筋を完璧に覚えています。

大事なのは、いちいち考えて思い出したら出てくる
というレベルではなく、すらすらと、よどみなく
カラダに染み込むくらい定着させているかで
差が生まれています。

なぜなら、
頭で考えないと、記憶をさかのぼらないと
出てこないという時点で、余分なエネルギーを
使っていることになるからです。

そうすると、大事なインスピレーションを
おろすためのエネルギーがなくなるのです。

基本が大事というのは、どんな業界、
ジャンルでも言われていますが、
基本だけでは一流にはなれません。

でも、基本が体得できているからこそ、
天才的なひらめきが生まれるということは
忘れてはいけません。

そこで、今回、基本の型を覚えるために
便利なアイテムがこれです。

______________________

使い方は簡単で・・・

1、カードにその日の気づきをまとめる。
(1カード、1テーマ。)

2、カードはファイルにまとめておく

3、カードの枚数が増えてきたら、カテゴリーごとにまとめなおす。

4、ファイルがいっぱいになったらボックスにまとめる

______________________

実はみんな問題の解決方法は全部
一度は聞いたことがあるはずです。

でも、忘れているから、定着していないから
何度も同じミスをする。

人の負けパターンなんて、数パターンしか
なくて、それを防ぐ方法も決まっています。

大事なのは、その負けパターンに陥らず
勝ちパターンに持っていくパターンを
いくつも知っておくこと。

それができたら、
自然と運も良くなっていきます。

これは占いでも言えて、
ある生年月日のひとは、以下の3つが
開運条件だったりします。

1.自立
2.全ての人を師と思う
3.感謝

その生年月日の人は、
この3つができているときに
運が良くなっているし、逆にこの3つが
なくなると運がなくなります。

だから、この生年月日に生まれた
著名人の本には、

「ありがとうございます。」

とできる限り言うようにしましょう。

と書いてあったりします。

それは、その生年月日のひとにとっては、
感謝を忘れて痛い目にあったことが
多いからです。

そういった自分の負けパターンを
まとめていけば、弱点改善カードが
できあがります。

一人の人間が、
エラー反応がでるパターンなんて
数限りがあって、エラーに陥らないよう
にしていきます。

気持ちがざわついているときに
これさえすれば・・・

というリセットパターンを用意して
おくのもいいですね。

・3分ver
・5分ver
・10分ver
・30分ver
・60分ver

とれる時間に応じて、自分の中で儀式化しておくと
一瞬で平常心に戻れます。

こんな感じでカードって
かなり便利に活用できるので、
一度、試してみてくださいね。

それでは、ありがとうございました。

■追伸
僕のメルマガでは、ブログではオープンでは書きづらい
裏話、失敗談、具体的な成功事例等を執筆しています。

ここまで読んでもらって、もっと詳しく生き方×ビジネスを
深く学びたいという方は、以下から登録しておいてください。

メルマガ登録はこちら

 

 

コメントを残す