コピーライティングの基礎から応用へ

■動画コンテンツとレジュメ
1、全体像を把握する

仲間(同志)
↑ 共感
コア・コミュニティ
↑ 共感
オープン・コミュニティ
(メルマガ、ステップメール、会員サイト、グルチャ)
↑ 共感
出会い
(書籍、公式サイト、ブログ、JV企画、facebook、
Twitter、インスタ、デジタルコンテンツ等々)

2、コピーライティング=伝える力
コピーライティング=“文章で何かを伝えるチカラ”

・自己紹介
・商品紹介
・企画書作り
・教育資料作成

全てに関係する技術。

3、不思議に思ったことはないですか?
・人は何故、カラダに悪いとわかっている
ものを食べてしまうのか?
・人は何故、自分が求めていないものを
錯覚して買ってしまうのか?
・なぜ、人はそういう不合理な決断をして
しまうのか?

これがわかれば、自分も騙されないし、
お客さんも真の成長へと導ける。

4、伝える力がわかると・・・
・お客さんが何に満足するかがわかる
・より多くの人に商品の価値が伝わる
・良質な製品をより多くのひとに届けられる
・人々の生活により多くの満足感をもたらす
手助けができる。

5、マインドセット
“コピーライティングが邪悪になるのは、
邪悪なものを販売しているときだけ。”

コピーライティングというと悪い印象を持つ
ひともいるが、技術に良い悪いはない。

6、文字以外の情報も伝える
テクニックだけのコピーライティングの限界。

お客さんに向けたラブレターを書くつもりで
コピーは考えるべき。

自分の子どもに読んで聞かせてあげれる
コピーになっているか?
(そこに愛があれば伝わる。)

7、人間心理の原則を知る
社会的証明 みんながやっているならやる。
好意 あなたのことが好きだから・・・
権威 東大教授が言うことだから・・・
返報性 頂いたご恩は返さないと・・・
コミットメントと一貫性 一度決めたことは守る
希少性 なくなるかもしれないから・・・

この6つは人間が無意識的に判断をして
しまう要素の一つとも言える。

8、自己紹介を作ってみる
コピーライティングの練習として
プロフィール作りからはじめる。

【参考図書】
「売り方」の神髄
著 松野 恵介

9、終わりに
<実践ポイント>
“「売り方」の神髄”を読んで、
プロフィール作りから始めてみよう。

コメントを残す