ステップメールのテンプレートを正しく活用する方法


■動画コンテンツとレジュメ
1、全体像を把握する

仲間(同志)
↑ 共感
コア・コミュニティ
↑ 共感
オープン・コミュニティ
(メルマガ、ステップメール、会員サイト、グルチャ)
↑ 共感
出会い
(書籍、公式サイト、ブログ、JV企画、facebook、
Twitter、インスタ、デジタルコンテンツ等々)

2、よくあるテンプレート
1通目 興味を持ってもらう
2通目 共感してもらう
3通目 信頼関係を構築する
4通目 自分の専門性を伝える
5通目 お客様の声



みたいなテンプレートは数多く、ネット上に
ころがっている。
それでも反応がでないひとがいるのは何故か?

3、反応がないステップメールの乱立
「30通 ステップメールを完成させました!
でも、全然反応がないんです(泣)」

こんな相談を何度受けたことかわかりません。

こういった場合、ステップメールに向き合う
姿勢に問題があることが多い。

4、コミュニケーション手段の進化
1対1のコミュニケーション(個別指導)

1対3のコミュニケーション(グループセッション)

1対10のコミュニケーション(オンラインセミナー等)

1対1000人のコミュニケーション
(講演会、メルマガ、ステップメール)

あくまで、ステップメールは1対1のコミュニケーションが人数が多くて対応しきれなくなったときの手段。

5、人間心理学のベースアップ
影響力の武器
~なぜ、ひとは動かされるのか?~

6、文章力を向上させるために・・・

何かの技術を向上させる上で大事にすることは
意外に少ない。
・面白い文章の写経
(他のジャンルの人気ブロガーも参考になる)
・数稽古
・添削してもらう

7、終わりに・・・
<実践ポイント>
・「影響力の武器」を読んで、人間心理を
分析してみよう。
・自分が行動したくなったステップメールを
研究してみよう。

コメントを残す