ステップメールの書き方~何故、成約に結びつかないのか?~

■動画コンテンツとレジュメ
1、全体像を把握する
仲間(同志)
↑ 共感
コア・コミュニティ
↑ 共感
オープン・コミュニティ
(メルマガ、ステップメール、会員サイト、グルチャ)
↑ 共感
出会い
(書籍、公式サイト、ブログ、JV企画、facebook、
Twitter、インスタ、デジタルコンテンツ等々)

2、号外配信とステップメールの違い
【号外配信】
リアルタイムの情報を伝えることができるが、
最近、登録した人にいきなり届けるには背景の
説明が不足しがち。

【ステップメール】
初めて登録してくれた方に、これまでの
“あらすじ”を順番に説明することで、途中参加
しやすい仕組みを作っておく。
※ワンピースで言えば、「エピソード・オブ・○○」
みたいに、1から読まなくても途中参加できる
ダイジェスト版のストーリーみたいなもの。

3、3つのNotを超えるのは一緒
これはステップメールに限ら、
「何かを伝える」
ときには必ず、3つのNotを超える必要があります。
Not Read(読まない)
Not Believe(信じない)
Not Act(行動しない)

とくに、最初の1通目は非常に重要です。

4、Not Read (読まない)を超える
人が続きを読みたくなるときの心理。
・インパクトや意外性がある
・読まないと損をする可能性がある
(自分にとってメリットがある)
・ユーモアがある
・短いセンテンスから始める

5、Not Believe(信じない)の壁を越える
人が信頼するときの心理。
・権威性
・社会的証明
・好意
・返報性
・二面性のあるメッセージ
・証拠

6、Not Act(行動しない)の壁を越える
人が行動するときの心理。
・コミットメントと一貫性
・希少性・限定性
・反復と重複(繰り返し伝える)
・保証

※ステップメールでは、簡単なアクションを
お客さんに促すことで信頼関係を構築する

7、終わりに・・・
<実践ポイント>
販売のためではなく、信頼構築のための
ステップメールを書いてみよう。

コメントを残す