リスト集めを考えるまえに取り組むべき教育システムとは?


■動画コンテンツとレジュメ
1、全体像を把握する

仲間(同志)
↑ 共感
コア・コミュニティ
↑ 共感
オープン・コミュニティ
(メルマガ、ステップメール、会員サイト、グルチャ)
↑ 共感
出会い
(書籍、公式サイト、ブログ、JV企画、facebook、
Twitter、インスタ、デジタルコンテンツ等々)

2、学び続け、進化し続ける。
大前提としてコミットしなければいけないこと。

“自分自身が学び続け、進化し続けること”

これができなくなった時点で
衰退が始まる。

3、教育をデザインする
あるべき理想の教育は日々変わっていく。
・何を伝えるのか?
・誰に伝えるのか?
・規模はどれくらいか?
・学ぶのに、どれくらいの期間を要するか?

等によって全てが変わる。

4、一人から始める
まずは、自分が過去に乗り越えたことを、
同じような困難に直面している一人に
伝えてみる。

これができなければ何も始まらない。

一人が救えたなら、多くの人を救える
チャンスがある。

5、複数のひとに伝える手段を探す
・書籍
・ブログ
・メルマガ
・Skype
・チャットワーク
・LINE@
・セミナー
・勉強会
・個別コンサルティング

6、伝わりやすさの違い・・・
関係性が近いほど情報伝達量が多い。

個別コンサルティング(&勉強会)

セミナー

Skype

書籍

ブログ、メルマガ

7、言語情報と非言語情報
何かを伝えるときに、壁になるのが、
“非言語情報”をどう伝えるか?

という部分。

どんなことでも感覚でしか伝えられない
文字情報を超えた領域が存在する。

これらを総合的に考えて、教育をデザインする。


8、終わりに・・・
<実践ポイント>

今回の動画を参考に、
今の規模にあった、最適な教育システムを
デザインしてみよう。

コメントを残す