体のエネルギー循環を高めるワークに挑戦中・・・

こんにちは。MASAHIROです。

僕は昔からすぐに眠たくなりやすく
集中して活動できる時間が短く苦戦
していました。

ただ、これの原因は

・ロングスリーパー

・ショートスリーパー

という言葉があるように生まれつきのもの
だと思っていました。

しかし、どうやら原因はそれだけではなかった
ようです。

これはジェームス・スキナーの音声を聞いて
いたときに言われていたものなのですが・・・
(「7つの習慣」を日本に広めた方ですね。)

・胃の消化への負荷がエネルギー効率を下げている

・週3回30分以上の有酸素運動による体質改善が
エネルギー循環を良くする

とのことです。

胃の消化には、人間がもっともエネルギーを
使うと言われています。

ご飯をお腹いっぱい食べたあとに眠くなる
のは体のエネルギーを消化に集中させている
から起こる現象なのはご存知かと思います。

そこで重要なのが食べ合わせです。

胃の消化液には、2種類あるのですが・・

酸性     ペプシン
たんぱく質(肉・魚・乳製品)等を消化する

アルカリ性  アミラーゼ
穀類(パン、ご飯、パスタ)等を消化する

とのことです。

中学校の理科でも習ったように

酸性とアルカリ性を混ぜると中和が起こります。

それが原因で、消化への負担が大きくなり
体のエネルギー効率が悪くなるのです。

そこで提案されていた食事の献立の作り方が

朝食  フルーツのみ(消化の負担0)

昼食  野菜+フルーツ+穀類1品

夜食  野菜+フルーツ+肉or魚1品

飲料はできるだけたくさんの綺麗な水を飲む。
(コーヒー・紅茶・お茶等のカフェインは避ける)
※理想は1日3リットルの水の摂取

というものです。

朝は体から不要なものを排泄する時間帯なので
極力、胃へのエネルギー負荷を避けることで
朝の集中力が増します。

昼と夜は胃の消化で中和が起こらないように
配慮した取り方です。

僕も全てストイックに実践できているわけでは
ありませんが、

・飲料水は浄水器を購入して、水以外は
極力、飲まないようにした

・朝はフルーツ(りんご、バナナ、みかん)等
だけにした

・間食もフルーツで空腹を満たすようにした。

・週3回/30分の有酸素運動をするようにした。

これだけでも、1日の集中力が上がるのを
実感できます。

「僕は眠たいときは昼寝すればいい。笑」

という考えで生きてきたのですが、
(今もこの考えは変わりませんが・・・)

そもそも眠たくならない方法があるなら
取り入れてみる価値はあるなと思いませんか?

1日 3時間しか活動できない社長

1日 8時間の活動をしても元気に満ち溢れている社長

だったら1日の生産性がまるで変わってきます。

時給1万円だとしても、1日で5万円の違いが
生まれるわけですからね。

年間で考えると恐ろしい違いが生まれます。

昔はそんな運動する感じじゃなかったのに、
フルマラソンやトライアスロンに挑戦する社長
がやたら多い気がするなと思っていましたが、
謎が解けました。笑

もし、あなたが・・・

・すぐに眠くなる

・集中力が続かない

という悩みを持たれているなら以下の項目に
どれだけ当てはまるかチェックしてみてください。

1、たばこを吸っている
2、アルコールを飲む習慣がある
3、コーヒー・お茶・紅茶を飲む習慣がある
4、よく噛まずに食べる癖がある
5、加工食品(食品添加物)を気にせず食べまくっている
6、たんぱく質と穀類を一緒に食べている
7、毎回、お腹いっぱい食べる
8、週3回/30分以上の有酸素運動の習慣がない
9、水をできるだけたくさん飲むという習慣がない
10、大きなストレスを毎日感じている

当てはまる項目が多い場合は、何個かだけでも
いいので3週間変えてみて、体の調子が良ければ
続けてみるというのはどうでしょうか?

必ずしも全ての人に当てはまる健康法はない
とは思いますが、効果が実感できるものは
続けてみる価値がありますよね。

MASAHIRO

コメントを残す