Amazonせどりとネットショップ運営の違い(原さん対談)

こんばんは。MASAHIROです。

今回は4ヶ月目で月商215万円(利益50万円)
を達成された原さんと対談音声を
撮りました。

原さんはブーツのネットショップ
(月商300万円程度)を運営されていた
経験もある方です。

今はそのネットショップはバイアウトして
いて、ネットショップのコンサルティング事業
する傍ら、副業でAmazon転売に取り組んだそうです。

原さんは鹿児島県の実店舗をメインに仕入れを
していて、主な仕入先はホームセンター・量販店
だそうです。

田舎でも問題なく仕入れができると
いうことが音声を聞けばわかると思います
ので、参考にしてみてください。

http://systematictrade.net/yu04
「原さん対談音声」

どうでしたでしょうか?

「なんの努力もせずにここまできて
しまいました。笑」

という部分だけを聞くと怪しいセールス
レターみたいな感じがしますが、これは

”原さんにとって努力と言えることは
何もしていない。”

ということです。

・週2回店舗で8時間の全頭検索

・音声を繰り返し聞く

こんなのは努力ではなく、当たり前の
ことで、努力というのは、この先の
自分の限界に挑戦することと定義されて
いるのでしょう。

「自分の基準をどこにおくか?」

というのは非常に重要なことで

「副業で誰でも楽々お金持ち~♪」

みたいなマインドセットだと、

”音声を一度聞いた。”

”店舗に3回行ってみた。”

というだけですごい努力という人もいます。

学生の頃に部活とかを経験している人
ならわかると思うのですが、それぞれの
コミュニティの基準があります。

・毎年、全国ベスト4に入る野球部

・毎年、最下位の野球部

どちらのチームであっても、

「ちゃんと努力して練習している」

と思っているのですが、やっているタスク
が全然違うはずです。

これは運動に限らず、

・料理
・音楽
・勉強
・ダンス
・FX

と何かを学び、探求し、身につけた経験が
ある人は努力と定義する基準がとてつもなく
高いです。

また、今まで残念ながらそういう経験が
ない人は、
(僕もあまりそういう経験なくビジネスをはじめた
人間なのですが・・・)

基準が高い人との接触回数をできるだけ
増やすということが重要です。

最初は基準が違うのでストレスを感じますが
だんだんとそれが当たり前になってきます。

人間の適用能力はすさまじいので、そういう
意味では積極的に成功してる人が集まっている
懇親会や集まりには参加した方がいいですね。

何気ない会話や日常の出来事で全く違う景色
を見てることに気づかされます。

「MASAHIROさんはどうやってセミナーとか
を選んでいますか?」

と聞かれるのですが、僕は自分が理想とする
生活を実現している人が多く集まっている
コミュニティに投資しています。

僕は自分の意志力とか感性を全く信じていないので
環境を変えて強制的に成功マインドをインス
トールしているだけなんですね。

ある意味”楽々誰でも成功できる方法”なん
じゃないかと思います。笑

オリンピックで優勝したかったら、オリンピック
で優勝している人が多いチームに所属すれば
いいでしょ?

というのと同じ感覚です。

僕は、ちゃんと調べた上で、そのコミュニティが
理想を実現してる人が集まっているなら100万円
くらいなら当たり前に投資します。

そのコミュニティの中で求められるタスクを
こなせば同じ水準まで高確率でのぼりつめる
ことができるし、時間を圧縮できることに
それ以上の価値があるからです。

あなたも今後、何か学びたいことができた
ときは今回のメールを参考にしてくださいね。

それでは、ありがとうございました。

コメントを残す