夫婦や家族で歩む道のり

こんにちは。MASAHIROです。

新しく何かを学んだときに、
一番最初にトラブルになりやすいのが
夫婦、家族との関係です。

「そうか!掃除が大事なんだ!」

と気づき、
部屋のものを片づけようと思っても
家族の部屋は汚いまま。

共有スペースは散らかっている。

なんてことになると、
モチベーションが下がってしまう。。。

ということも多いと思います。

そして、無理やり変えようとしたら
反発をうけて家族との関係が悪くなる
なんていう人もいました。

気持ちはわかりますが、
大事なのは雛形(ひながた)作りです。

まず、自分の部屋からだけでも
徹底的にきれいにしてみましょう。

トイレ、玄関も徹底的に綺麗にして
みましょう。

それだけで、自然と何も言っていない
のに、家族も自分の部屋を綺麗にし始めた
という人も少なくありません。

家の中のどこかの空間がめちゃくちゃ
綺麗になると、無意識で影響は必ず
与えています。

そのうち、

「家族から教えて欲しい。」

と頼まれてくるものです。

何よりもの家族への教育は
言葉ではなく、自分自身が超幸せそうに
していることです。

そうすれば、自然と読んでいる本に
興味を持ち始めるし、学んでいることを
知りたくなってきます。

そのときになって、
初めてこちらから伝えようとしたら
いいですよ。

そして、何よりも覚えておいて
欲しいのは、夫婦はシーソーゲームで
感覚が上がっていきます。

今は、
奥さんの方が感覚が高かったとしても
旦那さんに助けてもらうこともあります。

旦那さんが凹んでいるときは
奥さんが頼りになったりするものです。

だから、どちらかの感覚が先に上がった
としても、長い目でみたら助け合うなかで
自分がとった行動は空間に貯金されて
いきます。

すぐに変わらなかったとしても
一定のエネルギーが貯まった瞬間に
急に変わるということなんて良くある
ことです。

とくに学びはじめて、実践をすることに
なったら、結果を早く求めたくなります。

夫婦で協力して取り組んでいるひとが
うらやましく感じもします。

とはいっても、
そこに至るまでに背景(道のり)
があるものです。

そして、その道のりを歩んでいる
ことこそが、希望であり、光なんじゃ
ないかと思うのです。

_________________

before
最初は、全然家族の協力が得られなくて
苦労しました。

after
1年後、あのときには想像できないくらい
家族も協力的に動いてくれてウソみたいです。

___________________________________

このストーリーを描けるのは、
最初に苦戦していた人だけですよ。

そこで、苦戦していない人は
別のところで苦戦していて、それが
また、物語になっているのです。

そう考えると、今の課題も必ずしも
悪いものではないですよね。

それでは、
ありがとうございました。

MASAHIRO

コメントを残す