学べば学ぶほど生まれる苦しみの正体

こんにちは。MASAHIROです。

僕は、ビジネスの相談に乗りながらも
その人の人生のテーマを超えて欲しいなと
思って、踏み込んで話していくことが多いです。

物販ビジネスで上手くいかないのも、
マーケティングが進まないのも、
手法とかノウハウの問題ではないことが
ほとんどです。

もちろん、手法とかノウハウが
全然わかっていないと、非効率なところは
多くあるのですが、それは別で勉強したほうが
いいのですが、向き合い方そのものがずれていると
どんなに再現性の高いノウハウを知っても上手く
いきません。

仮に上手くいったとしても一時的で
ずっと続かないことが、ほとんどでした。

だから以下みたいな感想をもらうことは
日常的にあるのですが、僕が最近送っている
メルマガを読んでいて同じように感じている
人もいると思うので、説明しておこうと思います。

以下、Sさん(女性)からの感想です。

________________________

コンサルを受けはじめた当初は、
とても楽しくて、何度も何度も録音した音声を聴いて、
学んでいました。

ところが、深い話に踏み込んでいく度に
苦しさがでてきて、日常生活も暗い雲に覆われたような
感じがして、今まで信じてたものがガラガラと崩れて
とにかく苦しい毎日でした。

このような気持ちとどう向き合えば
いいのでしょうか?

_________________________

これは成長する過程で良くある現象なのですが、
見える視点が上がると今まで見えてこなかった
矛盾に多く気づきます。

「あれ、もしかして今までの子どもとの
向き合い方に愛がなかったのではないか?」

「今やっているビジネスって、本当は心から
とりくみたいものではなかったのでは?」

「これまで学んできた先生と別れた方が
いいのでは?」

「今の彼氏と別れた方がいいのでは?」

と過去との決別を迫られるような
ことが多く、でも、それを失うことに
強烈な恐怖心がでてきます。

それは、今までの価値観、パラダイムだと
そうしないと生きていけなかったくらい
大事な生命線に近いものだったからです。

新しい生き方を知ったときに、
そういうのが不要なものだと気づいた
としても、過去の記憶がそれを止めようとして
きていて、苦しみが生まれるのです。

でも、それは過去にはそうだったという
だけで、今は違います。

過去と大きく違うのは、
新しい生き方を知っていて、
新しい人間関係が目の前にあると
いうことです。

「只今、只今」
を見ていれば気づくものですが、
どうしても過去のフィルターを通して
見てしまうのです。

「これまで、同じようなことがあったけど
上手くいかなかった。」

「同じようなことを教えてもらって実践した
けど、騙された。」

と過去の記憶がいつも邪魔しています。

でも、カラダは直感で目の前にあるのは
今までのものとは違うというのも知って
います。

これってビジネスで起業するときにも
同じことが言えて、みんなアドバイスを
もらっても過去の経験の範疇で判断しよう
するんですね。

その方が安心だから。

自分の知っている世界と結びつくから。

全然違うことを伝えているのに、
自己解釈が入るからずれるんです。

だから、まずは、

「マルっと飲み込んでやってみる。」

これができたら、変わります。

劇的に、自分の想像もつかないところ
にいけます。

それを邪魔するのが幻想の苦しみであり
恐怖心だということを覚えておいてください。

マルっと飲み込んで、言われたとおりに
型を守ってやっていく中で、あとで、
幻想だったと気づけばいいです。

それが一番早い、

”学べば学ぶほど生まれる苦しみ”

を乗り越える奥義です

それでは、ありがとうございました。

MASAHIRO

コメントを残す