寺ヨガとやり手の副住職さんの話

こんばんは。MASAHIROです。

本日は、大阪の天王寺区の寺町にある
心光寺というお寺で寺ヨガのイベント
に参加してきました。

寺ヨガは今、密かなブームみたいで、
お寺のお堂でヨガを体験できるという
ものです。

http://zip777.com/terayoga.html
「心光寺のfacebookページ」


最近はお寺もfacebookやTwitterを
積極的に取り入れてるんですね。

そして、ここのお寺の住職の丈徳さん
(陣内智則似)は若くて30歳の方なんですが、
これがめちゃくちゃ行動力ある人でした。

サービス精神や企画作りとかはビジネスやって
る人は話してるだけで学びになるところが
多いんじゃないかと思います。

実はこの住職さんは、

・俳優活動を数年前までしていて劇団に所属していた

・スターバックスでバイトしてた

という異色の住職さんで、

「ガテラ」というユニットを組んで
劇団時代の友達と組んで、

子ども~大人まで楽しめる仏教のお芝居
をしてくれます。

「ガテラ」の由来は、

「~しガテラ」気楽に聞いてね。

という意味で命名されたそうです。

お芝居の前には、飴がプレゼントされ
子ども~大人まで笑いながら気軽に
劇を楽しんでみることができます。

仏教とキリスト教の歴史を説明するはず
なのに

・フシギダネ(「ポケモン」)
・尾崎豊
・西野カナ
・妖怪ウォッチ
・AKB48

と難しい話を誰にでもわかるように
と工夫を凝らして翻訳し、伝えている
ので、「あ~なるほど」と納得できます。

facebookページを使って寺ヨガのイベント
に人を集めていたのにも驚いたのですが、
イベントの最後には、

「# 心光寺 寺ヨガ」

でツイッターのハッシュタグでの拡散
の仕方まで説明して広める工夫をされて
いましたからね。

で、ここまででも十分に丈徳さんの柔軟な
思考と行動力に関心なのですが、丈徳さんの

「宗教の敷居を下げてもっとフランクに
気軽な気持ちで集まれるアットホームなお寺
を作りたい」

という一貫した理念と行動力は他のところ
にも垣間見ることができます。

・お寺にもっと気楽に集まれるように
「寺すカフェ(TERASU Cafe)」を空いてる敷地
に開く予定

スターバックでの経験をいかして、家・仕事場
の他に落ち着ける第三の空間を作りたい。

カフェという空間の良さを感じたので、是非、
今のお寺運営にも取り入れたいとのこと。

・カフェの設立費用はクラウドファンディング
で集める

・Youtubeを使って、アットホームなお寺
の動画を作って広めていきたい。

・来年の1月5日には住職としてテレビ
出演予定。

・名刺は5色でインパクト重視の名刺で、
「僧侶・俳優 丈徳」と書かれている。

・薬膳カレーも苦いものではなく、食べやすい
味にして調理している

・お寺の中にクリスマスツリーがあって、
飾りの代わりに懺悔(ザンゲ)を書いた
札を下げるようになっている。笑

・「宗教は心の拠所のためにあるわけだから、
キリスト教でも、仏教でも、尾崎豊が心の
拠所でもどこでもいいんです!」という発言
が飛び出たり・・・笑

一貫して宗教の敷居を下げてお寺を気軽に
集まれる第二の我が家という空間作りに
取り組んでいました。

実際に寺ヨガでは生後6ヶ月の赤ちゃん
を連れた主婦の方とかもきていて、

「真剣なヨガ教室とかだと子どもが泣くと
迷惑がかかりそうで、気が引けるけど、
ここなら気楽に参加できた。」

といってる方がいました。

こういうのが今の時代のビジネスで肝と
される”コミュニティの正しい作り方”なん
じゃないかと思うのです。

今日のイベントも・・・

1、説法芝居
2、寺ヨガ
3、薬膳カレー

と3本仕立てでしたが、

「心光寺の本堂がインドのタージマハル
を参考に設計された。」

というところからインド関連を
全部繋げてみたそうです。
(なんでもありですねw笑)

でも、こうすることで、お寺と関連する
色々な興味の人が集まってくれることに
なるのです。

イベントに集まっている人もイベントが
終わったあとには・・・

「丈徳さんの理念を応援したい!」

という気持ちに自然となっていて、
これがリーダーとして資質なんじゃ
ないかなと思うわけです。

丈徳さんは「利他の精神」という
仏教の教えを守っているだけだと
いっていましたが、サービスの本質
を感じます。

僕も心光寺に行ったきっかけは

「ヨガを体験してみたい」

というものだけでしたが、寺ヨガの
イベントが楽しかったので、

「他にどんなイベントやっているんですか?」

と自分から聞いていたくらいでした。

「サービスやモノを売るんじゃなくて
理念と自分自身を売れ!」

というのはよく言われた話ですが、
それを実体験できて、参加費の数百倍の価値
を受け取れました。
(ビジネスをやっている人は、サービスの
満足度が高まるアイデアが盛りだくさん
ですよ。)

ただ、僕が気になったのは、

「こんな神聖な本堂で劇をしてしまって
他のお寺や父親に怒られなかったんですか?」

と質問してみたんですが、

寺院でも延暦寺や金剛峯寺のような大きな
ところはいいですが、零細な寺院は檀家さん
も少なくなって厳しそうです。

そこで、何か手は打てないか?

とみんな悩んでいるみたいで、むしろ、

「新しい発想でどんどんやってくれ!」

と歓迎されているそうです。

これって、大企業と中小企業の関係に
似てますよね?

今までの中央集権的な構造の限界が仏教の
世界でも起こっていて、どんどん敷居が
低くなって統合が行われているのです。

ただ、古き良きものは残しつつ、新しい
宗教との付き合い方を提示しているのが
丈徳さんのように感じました。

決して他の宗教より多く信者を獲得して
やろうみたいな略奪の精神ではなく、

自分が活動することで他の宗教にも親しみ
を感じるきっかけになってくれることを
願って活動しているところが皆に応援される
要因なんじゃないかと思います。

寺ヨガの体験イベントは500円ほどで参加で
きて、1ヶ月に2回ほど開催されているらしい
です。
(薬膳カレーと説法お芝居は年に2回ほど
だけ開催しているそうです。)

もし、都合があえば是非、足を運んでみて
くださいね。
(・・・と自然に紹介したくなるような満足度
が高いイベントでした。)

追伸・・・情報発信をしている方は企画の作り方
はダイレクトに勉強になるものです。

追伸2・・・転売に取り組んでいる人もすの次の
ステージとしてこういう自由な発想でのビジネスに
挑戦していきましょうね。

MASAHIRO

コメントを残す