次元の違う結果を出したい人に オススメの勉強法

こんにちは。MASAHIROです。

今日は、

「次元の違う結果を出したい人に
オススメの勉強法」

について話していきたいと思います。

正直、成功している人と中途半端な
結果で終わっているひとの差は
ここにあるといっても過言では
ありません。

これを活用している人がどのような
結果を出しているかというと、

・受験だと偏差値100越え
・将棋だと3年でプロ棋士に勝つレベルに
・漫才だと戦略的に有名になる。
・1人で年商2億超えのコピーライターに。
・一流スポーツ選手も無意識で使っている

そういった方法です。

そして、今日はSkypeコンサルをしていた
クライアントにその方法をお伝えして
いました。

これは、あまりに強力な方法なので、
実際に使いこなせていなくても
大きな結果に繋がりやすいです。

しかし、一方で多くの人が信じ切れずに
途中で辞めてしまいます。

僕が最初に物販を学んだときも
同じ方法を活用していったのですが、
正直、数年以上やっている人を数カ月で
ごぼう抜きにできます。

僕自身も、この方法は、
まだまだ修得レベルが浅いなと
思い知らされていて、もっと極めれば
パフォーマンスが10倍、100倍、1000倍に
なるんじゃないかとすら思っています。

そんな方法を今朝はSkypeのコンサルで
雑談がてら話していました。

今日、コンサルしていた方は、
年商8000万円くらいの会社を別で経営していて、
もう一つ事業を作りたいと思い、コンサルの
依頼がありました。
(50代の方です。)

他の事業は経営しているといっても
物販事業をするのは初めてなのと
仕事に取り組む姿勢はいろいろなので、
今日の話をしていたのです。

何か一つで成功している人で
厄介なのは、これまでの成功パターンに
自信をもっていて、スタイルを崩せないことです。

経験を積み重ねている分、必ずプラスに
働くのですが、経験に執着すると新しいこと
が入ってこなくなるので、まず、初心に戻って
空っぽの状態で学んでもらうことが大事なので
そういった話を毎回しています。

コンサルをはじめて3回目とかなのですが、

「MASAHIROさんは、1日何時間くらいかけて
物販に取り組んだのですか?1日2~3時間くらいでも
いけますかね?ネット系に強くなくてもいけますか?」

みたいな弱気なことを言い始めていたので、
ずーっと8割は意識を変える話をしていました。

なぜなら、こういう状態で、
何を伝えても何も身につくことはないからです。

中途半端に実践して、できない言い訳を探す旅に
すぐにでかけてしまいます。

迷いがでてきて、作業スピードが落ちて
結局無駄な時間ばかりが過ぎてしまいます。

大事なのは、迷いなく、
とにかく行動エネルギーに突っ込めること。

そのためには圧倒的な熱エネルギーが
必要なんですね。

そのために、一流の結果を出す人がどういう
ことを意識して勉強しているかを伝えて
いました。

そして、その方法が、

”1枚の紙に基本パターンをまとめて徹底的に暗記する
(カラダに自然と反応するようになるまで。)”

というものです。

何か一つの学びを圧縮ファイルにするイメージです。

パソコンでも圧縮ファイルってありますよね?

開くと中にファイルがいっぱい入っていて
解答すればみれるやつです。

1枚の紙を見たら圧縮ファイルが回答される状態
を作っておく。

それができたら、
向かうところ敵なしになります。

物販でも、コピーライティングでも、
勉強でも、何でもそうですが、確実抑えておくべき
基礎はあります。

それを徹底してやる。

公式やパターンを徹底して丸暗記して写経して
音読して、人に説明して、できることを
とにかく全部やる。

いろいろなものに手をだすのではなく、
この一枚の紙をどれだけ極めれるかに
フォーカスするんです。

これができる人とできない人で
圧倒的な差がつきます。

ビジネスなら一桁売上が変わるような
違いが出ます。

これが一つできるだけで
他のノウハウを学んだときも深みが変わるし
学ぶスピードが加速します。

一度もやったことがない人は是非試して
みてください。

頭も整理されて仕事もはかどること
間違いなしです。

それでは、ありがとうございました。

MASAHIRO

コメントを残す