空間を味方につける

こんにちは。MASAHIROです。

今日は、”空間を味方につける”

というテーマでお伝えしたいと思います。

空間を味方につけているひとは
空間への貯金が上手です。

元気なときに、
少しずつ空間にエネルギーを貯金していく。

そうすれば自分がエネルギーを消費して
ピンチなときも空間がエネルギーを補充して
くれます。

空間に借金があるひとは、
その逆で、その空間にいるだけで
疲れるようになります。

自分がチャンスのときに足を引っ張られますし
ピンチの時にも応援を受けることができません。

これは空間に微生物が住んでいて、
その微生物に応援されるような生き方を
しているかどうかという基準で考えれば
わかりやすいでしょう。

誰もみていないときに、どれだけ空間にエネルギーを
貯めるような行動をとれているか。

それだけで全然違うのです。

会社であれば、

自分のスペースだけでなく、
共有スペースの拭き掃除など・・・

そういたところに、
「いつも使わせてもらってありがとう。
これからもいい仕事ができるように応援してください。」

という気持ちで掃除をすることで、
どんどん空間から応援されて、疲れ知らずで
活動できます。

それくらい応援の気というのは
活動エネルギーに変わるものです。

そして、これはひとに対しても一緒です。

人、もの、場所から応援されているとき、
自分のチカラ以上を発揮できるものです

逆もあって、人、もの、場所に嫌われていると
本来のチカラが発揮できません。

例えば、会社でこんな人がいたらどうでしょうか?

「いつもイライラしていて、舌打ちしたり、
ぼそぼそと悪口を言っているパワハラ上司。
机の上はいつも汚いし、臭い。
周囲のひとも、ストレスを感じてイライラしてきます。

こういった人は、
空間からも人からも応援されません。

言葉にはしなくても、
「早くいなくなればいいのに・・・」
「体調悪くなればいいのに・・・」

と無意識でも思われていたら、
どんどん現実がネガティブな方向へと
近づいていきます。

そして、多くの場合は
本人は無意識で空間に嫌われる行動を
とっているものなのです。

怖いですよ。

空間に無意識で嫌われるのって。

でも、やるべきことは、難しいことは
何一つありません。

意識することは簡単で、
すべての人やものや場所を

・神域と想って掃除すること
・大切で愛おしい我が子のように想うこと
・自分の魂だと思ってものにふれること

それだけです。

意識しているあいだは誰でもできますが、
”素(す)”になると雑になっている
ものです。

そして、それは自分自身の扱い方とも
一緒です。

そういうひとは自分のことも知らない間に
雑に扱っているものです。

そして、やってみるとわかりますが、
ゆっくり丁寧にものを扱っている方が
自分自身が元気になります。

まるで、無限のエネルギーと
繋がったように疲れません。

実はビジネスで成功するときの法則も
一緒で、短期的に成果をあげるひとは
必ず、誰かに応援されています。

自分ひとりのチカラで成功している
わけではなく、押し上げるチカラか
上から引き上げるチカラが働いている
ものです。

それは、その人の行動が応援したくなる
ような行動になっているからです。

ビジネス書に書かれている成功法則は
空間から応援される方法を具体的に応用
したものが書かれているだけで、原理は
ここに書いている通りです。

人の目はごまかせても、空間にはウソは
つけません。

理想は

”なんとなくする行動がすべて空間への
貯金になっていること”

です。

最初は意識して癖をとっていかないと
いけませんが、一つ一つ習慣化していければ
これほどチカラ強いことはありません。

ひとつひとつ

ありがとうございました。

MASAHIRO

■追伸
僕のメルマガでは、ブログではオープンでは書きづらい
裏話、失敗談、具体的な成功事例等を執筆しています。

ここまで読んでもらって、もっと詳しく生き方×ビジネスを
深く学びたいという方は、以下から登録しておいてください。

メルマガ登録はこちら

 

 

コメントを残す