起業アイデアを考えていると何故成功できないのか?

■動画コンテンツとレジュメ
1、起業に成功するために・・・

起業にアイデアは必要ない。
経験がないことを始めるのであれば、
まずは、リスクが少ない成功事例から選ぶ方が確実。

全く新しいクリエイティブな起業を考えるのは、
徹底的に真似をして、成功したあとに余剰資産で
行えばいい。

2、今使えるリソースを書き出す
経験・・・これまでどういう経験をしてきたか?
時間・・・1日何時間の作業をできるか?
お金・・・初期投資はいくらまでならいけるか?
(創業融資やクレジットカード枠も考慮する)
人脈・・・どんなご縁があるか?
(初期段階では良い人脈はないことが多い。)

3、経験を活かして成功しているケース
・ダイエット経験を活かして、ダイエットで成功するための
コミュニティを運営。
・結婚相談所で結婚できた人が、素敵なパートナー
に出会うまでをナビゲート。
・デザイン会社に勤めていたひとが、デザイナーとして独立。
・宅浪で早稲田大学に合格したノウハウを公開し、
受験生をサポートするサービスを運営。
・ボディビルで体を鍛えるのが趣味だったひとが個人トレーナーとしてウェブ上でサービスを運営。
※どれも簡単なホームページ制作かSNS,ブログ運営
くらいの知識は必要

4、未経験でも成功するケース
営業代行
・・・すでに良い商品があって、それを信頼関係を構築できたひとに薦める。(経験者に学ぶ方が早い。)
転売ビジネス(国内、海外を含む)
・・・リサーチのコツをつかめば誰でも利益商品を探せるようになる。(経験者に学ぶほうが早い。)
グーグルアドセンスのアフィリエイト
・・・アクセスが集まるサイトができれば一定数がクリックをするため収入になる。
(ex.トレンドアフィリ、YOUTUBER)

5、感覚をインストールする
これから経営者になる上で重要なのは、
成功している経営者の感覚をインストール
することです。

多くのひとは起業に成功している経営者が身近にいないこともあってか、サラリーマンの価値観になりがちです。

経営者とサラリーマンは優先順位もお金の感覚も
違うので、一番早いのは一人のメンターを見つけて
感覚を丸ごと写すことです。

6、心から取り組みたい事業をする
ゼロから起業できる手段を身につけたら、
次は自分が絶対に成し遂げたい事業に挑戦する。

・今の世界はどうなっているのか?
・どんな世界を作りたいか?
・そのためには何が必要か?

たくさん勉強して、本当に人生かけて熱くなれる
ことに全力を尽くす。

<実践ポイント>
副業から独立へのルートは僕が何百人と指導して導いてきているので、ブログを読んでもらうと参考になります。

 

コメントを残す