和泉さん(投資としての物販ビジネス講座)

今回は、月商100万円(利益21万円)をせどりで達成している
和泉さんとの対談音声です。

彼は僕の講座に入る前から4か月ほど実践をしていたので経験者
としての受講になります。

■2月
売上:566,333-
利益:127,200-

■5月
売上:1,007,845
利益:215,612

と順調に売上も仕入れ額も伸ばし続けているのですが、
何故かすごく焦っていました。

ビジネスをやっていると

「もっと売上を上げなければ!」

という思いが強くなりつづけ、当初、目標としていた金額を稼いでも
焦燥感に駆られている人が多いです。

自分の人生を豊かにするための手段としての”お金稼ぐ”はずなのに、その”お金を稼ぐ”ことが目的に変わってしまうと良い人生とは言えないですよね。

今回は、公開コンサルに近い形で、僕が和泉さんの状況なら、どういった
行動選択をしていくのか等を解説していきました。

http://zip777.com/310630.html
「実績者との対談音声(和泉さん)」

ちょっと通信環境の関係上、和泉さんの声が小さかったり響いてたりするんですが、
耳を澄まして聞いてくださいw笑

この前は小さかった僕の声はちゃんと大きく入ってるんですけどねw

人生とは全て上手くいかないものですね。

これも、また一つの経験として、僕のステージを上げてくれているのでしょう。

あなたも小さな失敗は気にせず、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

高橋さん(投資としての物販ビジネス講座)

今回は、ビジネス初心者で僕の講座に4か月前に参加してもらい、今では月商68万円(利益18万円)を達成している高橋さんとの対談です。

高橋さんは学習塾の先生の仕事をしていて、その合間に”せどり”を実践しています。

契約社員としての塾講師の仕事を楽しく取り組んでいるので、せどりの専業になるつもりはないそうです。

僕はサラリーマンやアルバイトや契約社員の雇用形態を否定するつもりは全くなく、楽しく働けているなら、それほど幸せなことはないと思います。

大事なのは、自分で人生を自由に決めていくことができているかどうかです。

サラリーマンとして働くのも自由、辞めるのも自由。

せどりで稼ぐのも自由だし、住む場所も自由。

という感じで、とにかく自分のステージを上げれば人生の自由度は高まり続けていきます。

高橋さんも、今後は3ヶ月後までに月商100万円(利益30万円)を目標にしていきたいそうです。

対談して思っていたのは、学習時間は移動時間に集約して、とにかく行動にフォーカスしてい
ったのが成功の要因じゃないかなと思います。

それでは、じっくり聞いてもらえればと思います。

http://zip777.com/310636.html
「実績者との対談音声5(高橋さん)」

あなたも、是非、この音声から自分の課題を見つけ出し取り組んでみてくださいね。

出品者数による仕入れ判断の必要性

質問:マーケットプレイスの出品者数によって仕入れ判断は変わりますか?
10名以上いたら仕入れしないとかするとかありますか?(もちろん、ハネがある商品と限定した場合です。競合が多くてびびってます。)

回答:出品者数が多くても気にしていません。ただ、出品者数が最近になって急激に増えている場合のみ値下がりのリスクを考慮します。理由としては、供給が多くても、需要も多ければ問題なく売れていくからです。回転さえしていれば、最安値に価格を合わしていけば自然と売れていくでしょう。

仕入れの外注化に失敗する原因

仕入れの外注化の相談をチャットで聞いていて、ありがちな罠にはまってるな~と思ったので、シェアしておきます。

相談者:今外注してリスト作ってもらっているんですけどとりあえず価格ドットコム1位から10位まで価格調べてもらっていてだいたい何がどういう風に売れているか調べているんですけどこうやってみるとやはりアマゾン価格が安くてあーこのとっかかり失敗だったなと。

MASAHIRO:外注は基本的に自分が優位性のある切り口をみつけてそれをマニュアルにしてふるというところまでしないと厳しいですよ。

相談者:そうですね。で、方向性を変えて 自分でみつけて売れたものを基本として挙げて商品を今調べてもらうように方向転換しました。
で、これをやると数が無数なので一応売価1500円以上のしばりをつけました。

MASAHIRO:相談者さんは、今自分自身でどれくらい仕入れできてます?

相談者:うーん仕入れだと7万くらいです。

MASAHIRO:他のビジネスでの成功経験はありますか?

相談者:一応、中国にいたので昔は中国 タオバオ転売してました。
でも、つきぬけた成功はないです。

MASAHIRO:それなら、仕入れの外注は今はやらないほうがいいですね。自分で最低でも週一仕入れで月商100万円は切らないというレベルまではあげないといけないです。
外注なんて自分の3分の1のパフォーマンスしか出ないです。つまり、飯塚さんが7万円の仕入れしかできてないなら、2万円くらいしか見つけれないし、下手したら赤字でると思います。

相談者:なるほど。

MASAHIRO:社員は社長の3分の1のパフォーマンスしか出ないものというのはよく言われている話です。資金が大量にあるなら、既に転売で実績上げているベテランをヘッドハンティングしてくるという方法ならいきなり自動化できますが、その場合は資金力ないと人はついてこないでしょうね。

相談者:確かに!

MASAHIRO:資金か知識のどちらかで勝負しないと。月商200万円くらいのせどらーで優秀な人でも2000万円の運用を任せて上げれるなら、給料は自分でやるより増えるから相手にとってもメリットありますよね。素人に素人が教えてもろくなことになりません。

相談者:最後の言葉、、、、
本当にそうですね。

MASAHIRO:まあ~でも、ビジネスの経験が浅い人にはありがちなことですよ。
こういうのも教えてもらわなかったら拡大展開して大きな損失出してから気づきますからね。

相談者:ありがとうございます。拡大拡大しそうでした。
教えて頂いてありがとうございます。それでは!

自動化は非常に重要な考え方ですが、導入のタイミングを間違えると、悲惨なことになるので注意しましょう。

しっかりと自分で実践して理解したことだけを外注化していきましょうね。

 

[家電・カメラ]のランキングに注意!

質問:[家電・カメラ]のカテゴリーのランキングで751位の商品があるんですが、波があまり打っていません。この場合は、高ランキングということで、複数ロットで購入すべきか迷っています。

という相談がきましたので、回答の動画を作ってみました。

小木曽さん(投資としての物販ビジネス講座)

今回は、夫婦でせどりに取り組み、月商70万円(利益15万円)を達成した小木曽さんと対談音声を撮りました。

彼女は、僕の講座を受けて初めて”せどり”に取り組み始めたそうです。

仕入れも発送作業も旦那さんと一緒に取り組んで仲良く副収入を構築していっています。

夫婦共働きで+15万円の収入があれば、本当に自由度は高まりますね。

僕の講座に参加したときは、ガラケーしか持っておらず、「スマホ初心者+ビジネス初心者」の状態でスタートしました。

しかし、半年後に月商100万円(利益20万円)という無理ない目標を立てて地道に進んでくれたようです。

「夫婦で好きなときに旅行にいけるライフスタイルを実現したい」

という明確な目標があるからこそ、他人と比較して焦ることもなく、モチベーションも下がらずに続けてこれてるんじゃないかなと話を聞いていて思いました。

それでは、じっくりお聞きください。

http://zip777.com/270225.html
「実績者との対談音声4(小木曽さん)」

■追伸
小木曽さんからのアドバイスとして、
「女性だと見やすい美容家電とかはライバル少なくてチャンスですよ」
と言ってました。

女性せどらーの方は、男性が入りにくいジャンルや店舗を中心に開拓すると案外、ライバル不在のブルーオーシャンが見つかるかもしれませんね。

大型商品のFBAへの納品方法

質問:最近、大型商品を仕入れだしたのですが(電子レンジ、空気清浄機、プリンター)など、そこでアマゾンも大型商品は伝票直貼りで出荷すると書いてあります。大型商品を納品する場合は箱全てをプチプチなどで梱包してから発送したほうがいいのでしょうか?

回答:僕は大型商品を単体で納品するときは、プチプチで
包んでますが、複数の大型商品をダンボールにまとめて入れるときは、プチプチで包んでいません。

大型商品を単体でも、プチプチ使わずに納品してる人もいましたが、クレームになったという声はないので、どちらでもいいかと思います。

田中さん(投資としての物販ビジネス講座)

今回は、副業せどりで月商130万円(利益30万円)を達成した田中さんと対談音声を撮りました。

彼は、僕の講座を受ける前から”せどり”は10ヶ月実践していたのですが、月商60万円で頭打ちしていたそうです。

しかし、僕の講座に参加することで、あっさりと2ヶ月目には月商130万円(利益30万円程度)を超えました。

そのきっかけは、今まで目利きで抜こうとワゴンや赤札だけ検索していたところを”あること”に思考を切り替えたことだったそうです。

案外、ブレイクスルーのきっかけはシンプルなんですよね。

それに、最近は納品作業の外注も知人に頼むことにしたので、副業で月商200万円くらいはいけそうな実感があるそうです。

今、勤務しているサラリーマンの給料が20万円程度みたいなので給料を超えるという目的は達成できたようです。

それでは、じっくり聞いてみてください。

http://zip777.com/270224.html
「実績者との対談音声3(田中さん)」

今後は3ヶ月後までに月収50万円を超えて、専業になることが目標のようです。

転売はサラリーマンの給料以上(30~50万円)の収益を得るには一番シンプルで再現性が高く安定したモデルだと思います。

せどりで収益を安定させて、次のステージへとあなたも進んでください。

最初はビームを使わない方が目利きがつくのか?

質問:ビームでの検索は効率的ですが、目利きの力がつくまでは、ある商品名や価格帯が頭にはいるまで、実際に商品を手にとってみながら検索をして、ビームは商品知識がつくまで使わないほうがいいのかなとセミナーをうけて感じましたが、如何でしょうか。

 

回答:確かに手打ちの方が調べた商品知識は入ります。

厳しい環境で仕入れに挑戦することで、自然と目利きを意識して検索スピードを減らすように工夫できるというメリットもあるでしょう。

しかし、打ち込みスピードが遅くなって、仕入れる商品が少なくなるので、結果として仕入れによる経験値が貯まるスピードが遅くなるのでは?と考えています。

なので、最初からKDC200はあったほうが結果を出すのは速いです。

KDC200を使って、限界まで挑戦したあとに、目利きを意識しだしても遅くないんじゃないかなと思います。(商品が見つからずに、挫折しちゃうのが一番もったいないので。)