せどりのやり方を学ぶ上で邪魔な小さなプライド

こんばんは。MASAHIROです。

「小さなプライドを捨てる」

これは言葉で書くと簡単ですが、実は意識しないとかなり難しいことです。

ある程度、何かで成功したときに陥りやすい罠が”万能感”です。

何かで成功した経験があるとその結果に対してのプライドがでます。

自分に自信があるというのは力強い行動の
原動力にもなるのですが、それが傲慢になると
エネルギーを奪います。

「自分は成功者だ。」

「自分にはこだわりがある。」

「自分は今までこうやって成功してきた。」

この考えが固定観念を生み、成長を阻害していたりするのです。

新しいことを学ぶときは特にそうです。

例えば、営業成績NO1のサラリーマンの人がいたとします。

その人は、入社当初から素直に成功者から学び、実践し、
貪欲に結果を追い求めた結果たどりついたNO1になりました。

もちろん、この結果を得たプロセスには価値がありますし、
自信を持つべきことだと思います。

しかし、その営業マンが自分で起業しようと
思ったときに自分の直感を信じて動けば成功
するかというそうとは限らないわけです。

”起業”ということに関しては未知のことが
数多くあり、学ぶべきことがたくさんあるから
です。

守破離(しゅ・は・り)という言葉があるよう
に、営業成績NO1の地位もこの守(しゅ)を
行ったから得たものであったはずです。

これを忘れて、起業するときに、いきなり破(は)
から入ると十中八九、失敗します。

僕が起業家や生徒をみてきて、圧倒的なスピー
ドで成長する人は驚くほど素直です。

先生が
「まずはこのとおりにやってみましょう。」

と言われれば、一度はすぐにやってみるのです。

今までの自分の価値観とは合わないと思っている
ことでも一度はやってみる。

その結果をみて、上手くいかなければアプローチを
変えてみたり、相談にいったりします。

これは”人に何かを教える”という経験が
一度でもある人は

「その通りだ。そういう人は成長が速い。」

と共感してもらえると思います。

ただ、

「自分は素直に実践できていたか?」

と問い直したときに、

「・・・」

となる人は多いんじゃないでしょうか。
(もちろん、僕も素直になれずにいたことは多々ありますw)

”地獄から這い上がろうとしている人は伸びやすい”

というのも同じで、そういう人はめちゃくちゃ素直です。

なんとしてでも地獄から抜け出したいので、
二つ返事ですぐに実行するんですね。笑

もし、あなたが今何かを学んでいて、
その分野において自分よりもその人が
理想に近いのであれば、

”自分の価値観より先生の価値観を優先する”
ことをオススメします。

自分の価値観を捨てるというよりは踏まえて
乗り越えるというのが正しい表現な気がします。

今までの赤色のメガネ(自分の価値観)しかもって
いなかったけど青色のメガネ(先生の価値観)を
一度かけて世界を見渡してみる。

その上で、自分の人生にとって、どちらの価値観
を採用するのが理想に近づくのか?

を決めればいいのです。

前回の原さんとの対談音声の最後で、

「自分が大事にしているルールを捨てて、うまくいっている人のルール
を採用してみてください。」

というアドバイスがあったかと思いますが、
この話とも繋がります。

例えば、以前、懇親会で

長野県のケーズ電気だけで月商200万円
を超えている受講生がいました。
(ちなみに、彼も7月で専業になる予定みたい
です。)

そして、僕がその受講生にしたアドバイスは

「ケーズ電気の仕入れを一度辞めてみましょう。」

というものです。

ケーズ電気をルーチンで回り続けている限り、
新規開拓が進まないと思ったからです。

それを聞いて、彼は一瞬驚いていたのですが、

「わかりました。明日からケーズ電気以外をリサーチしてみます!」

と素直にアドバイスを受け入れていました。

ここら辺が伸びる人と伸び悩む人の大きな違いです。

ここで、

「いや、それはちょっと考えさせてください。」

みたいになっていると行動に変化はおきません。

で、そうは言っても複数人をチームでコンサル
していると

”素直な人とこだわってしまう人”

に必ずわかれます。

そこで僕がいつもするのは、

「1番素直な人を徹底的に育ててモデルケースを作る」

ということです。

今までは、

「時間がとれなくて・・・」

「それは自分には向いてなくて・・・」

と言っていた人も、

自分と同時期にスタートしたメンバーがどんどん課題をこなして
成長していくと、焦ります。

そこで言い訳をしなくなって、一緒に成長していくんですね。

こういうケースは何度も実験していますが
面白いくらいに効果があります。

もちろん、”人間のタイプ”というか長い年月
をかけてついた癖のようなものがあるので、
向き不向きはありますが、大抵は幻想だった
りもします。

なので、自分の価値観を一度、置いておいて、

「言われたことを一度は素直に実践してみる」

というのを心がけてみてください。

やってみると意外に食わず嫌いだっただけだと
いうことも多いので良いことがありますよ。

それでは、ありがとうございました。

MASAHIRO

アモーレ~3人の男たちがせどりで自由になった物語~

こんばんは。MASAHIROです。

僕のコンサルチーム暁のメンバーである

・アリソンさん
・MOTOHARUさん
・尾崎さん

の3人が毎週放送のラジオしていますので、良かった
ら聴いてみてください。

http://amortteiine.com/
AMOR(アモーレ)
~自由への第一歩はせどりから。専業となった3人の男たち~

現時点でのコンテンツとしては、

・3人が”せどり”をはじめて1ヶ月目の不安、葛藤
・3人で実店舗仕入れをしたときの動画
・「リスナーへの特別プレゼント」等の企画

があります。

「発送作業をしながら気楽に聴いて楽しんで欲しい!」

「こいつら馬鹿だな~と笑って欲しい!」

というように「第一回 AMORADIO」で語られていますが
そういう思いが随所に反映されていて、いい企画だなと
個人的に思っています。

ビジネスをする上でもっとも大事なのが

「自分は誰の役に立ちたいのか?」

「その人の幸せは何か?」

「自分はその人のために何ができるのか?」

というのを考え続けることです。

これが”理念”とか”使命”とか”MSP”と呼ばれるものです。

このアモーレからは、

「もっとせどりを楽しんで欲しい!
毎週のラジオをそんなきっかけにしたい。」

という理念が伝わってきます。
(第一回のラジオを聞いてもらうとわかると思います。)

もちろん、それらの理念をより届けるべきひとに
伝えるための細かいテクニックは今後アドバイス
していこうと思っていますが、この理念を固める
というところが一番大切です。

また、何より”有難いな”と思ったのは、この企画は僕が具体的にアドバイスして作った
わけではないということです。

MOTOHARUさんが企画して僕に内緒で水面下で立ち上げていたものです。
(あとで驚かそうと思っていたみたいです。笑)

むしろ、僕が「3人でラジオ」というアイデアは斬新で面白いな思ったくらいですw

せどりでもそうですが、僕が知らないジャンルまで
詳しくなっている人はたくさんいます。

僕よりせどりで売上規模を伸ばしている受講生も出てきました。

こうやって、それぞれが自分の個性・強みを活かして
花を咲かせるところをみるのが何より自分にエネルギー
を与えてくれるなと感じます。

所詮、コンサルタントとしてできることは、

・種を蒔く
・土壌に肥料、水を与える

の二つしかできないし、それ以上はしてはいけない
ということを感じます。

”きっかけ”や”育ちやすい環境”を作るのに全力
を注ぎ、あとは祈ることしかできないのです。

一見、無責任に思う人もいるかもしれませんが、
これ以上に手をだすことで才能を潰したり、芽が
でなくなる可能性が高くなります。

水を与えすぎても腐るし、種をほじくり返しても
花は咲きません。

1年後には、

「AMORでせどりを知って専業になれました!」

という人も増えているんじゃないかと思います。

その頃には僕はすでに古株の年寄り扱いをされて
いることでしょう。
(僕の方が年齢は3つ下のはずなのにw笑)

でも、それでいいと思っています。

僕は今後の役割は、

1、第二のAMORを立ち上げるリーダーを育てること

2、リーダーたちの相乗効果を創発するシナジストになること

だと思っています。

僕が一人で世界に与える影響は小さいかもしれ
ませんが、リーダーをたくさん育てることで、
影響力は伝播して日本を元気にしてくれるはずです。

そうすることでもっと世界は楽しくなるし、
もっと人生を自由に決断して楽しむひとも増えるでしょう。

http://amortteiine.com/
AMOR(アモーレ)
~自由への第一歩はせどりから。専業となった3人の男たち~

ということで、次世代のリーダーAMOR(アモーレ)
のブログで「ちょっと一息」ついてエネルギーチャージ
してみてはいかがでしょうか?

それでは、ありがとうございました。

MASAHIRO

意識(顕在意識・潜在意識・無意識)を味方にする方法

こんにちは。MASAHIROです。

昨日は、世界には化物だらけだということを
改めて思い知らされました。

小田さんという方のセミナーに参加してきた
のですが、経験値と知識が尋常じゃないです。

僕が今まで怪物だと思っていた人が何人かいるん
ですが、その人たちが霞むほどです。

そこのセミナーで教えてもらったことで、これは
みんなも知っておいた方がいいなということを一つ
シェアしておきますね。

「顕在意識・潜在意識・無意識のパワーバランスについて」

・お金持ちになるための本

・成功するための本

・マインド系の本

を数冊でも読んだことがあれば”潜在意識”という
言葉は知っていると思います。

僕はこれも重要だと思っていますし、潜在意識を
コントロールする習慣をつけてから多くの夢が叶う
ようになりました。

ただ、潜在意識よりもさらに深い部分に無意識が存在
します。

そこで教えてもらった今の脳科学でわかっている
パワーバランスが以下です。

顕在意識 22bit

潜在意識 1100万bit

無意識  70億bit

です。

ちなみに、任天堂64は64bitです。

bitは簡単にエネルギー量だと思ってもらえればいいです。

つまり、顕在意識と潜在意識の力の差だけで、

「22人対1100万人」

という集団リンチ状態になるわけです。

・ダイエットしたいけど食べてしまう

・お金を増やしたいはずなのにブレーキがかかる

・健康に気をつけたいはずなのに運動できない

という現象が起きるのは全て顕在意識だけでイメージ
している場合です。

で、潜在意識を味方につける方法が

・明確な目標を立てる

・毎日繰り返し目標を見る

・寝る前に目標を唱えて寝る

とかですね。

これを習慣化するだけで1100万人を味方につける
ことができます。

逆に、これを馬鹿にしていると

”わかっちゃいるけどできない”

という状態から抜け出せなくなります。

モチベーションが続かないというのも潜在意識
と顕在意識が喧嘩して顕在意識が負けているから
です。

ちなみに、この簡単な習慣を身に付けるだけで
ほとんどの夢は叶います。

ただ、どう考えても無視できないのが、

無意識  70億bit

です。

これが影響している事例として、小田さんは

”医学部の受験”

を例に出していました。

ほとんどの学部の受験勉強は努力をすれば合格
できることが多いのですが、医学部受験(特に最難関)
だけは別のようです。

・A判定が模試ではずっとでているのに何年浪人して
再受験しても不合格な人

・E判定にも関わらず奇跡的に前日やった類似問題
がでて合格してしまう人

こういう奇跡のような出来事に無意識の力が作用
していることが多いそうです。

「では、どうやったら無意識から力を一部でも
借りることができるのか?」

みたいなことを実践形式で教えてもらいました。

ただ、教えてもらったのは本当に無意識のコントロール
の序章みたいなもので、危険度が低いものみた
いです。
(本当の深い無意識まで入ると力が大きすぎるため
ちゃんと理解しないと危険みたいです。)

メルマガで書いても変に誤解して使われるといけない
なのであえて、書きませんが”正しい瞑想”の仕方みた
いなものです。

今回のメールを読んでいる%name1%さんに一番覚えて
おいて欲しいのは、

顕在意識 22bit

潜在意識 1100万bit

無意識  70億bit

これです。

潜在意識を馬鹿にしてると大きなハンデキャップ
を負ってしまうということです。

すごく抽象度を落とせば

「目標を明確に書く事とそれを毎日確認する
ことは重要ですよ。」

ということですが、今回みたいに背景を理解する
ことでよりイメージしやすくなるんじゃないかと
思います。

無駄に脳内綱引きをすればするほど、”努力してる
のに報われない”という状況に陥るので、一緒の方向
に力を合わせて走るようにコントロールしていきましょう。

他にも風水の考え方とかも教えてもらったらので、
今後のメルマガでシェアできたらと思います。

それでは、ありがとうございました。

MASAHIRO