伝え方のコツを知らない経営者の悲劇

■動画コンテンツとレジュメ
1、伝え方を知らない悲劇

・材料と調理にとことんこだわったお弁当 3000円
・伝え方にとことんこだわったお弁当 3000円

だと残念ながら売れるのは「2」になる。

もちろん、長期的に見れば、そのお弁当が
口コミで広がり、コミュニティができれば「1」
の方が長く残っていく可能性はある。
2、美味しいお店ほど潰れていく

本当に手間暇かけて丁寧に料理をしていた
飲食店ほど潰れていくという現実がある。

多くの飲食店は、
添加物、化学調味料、保存料、着色料等を
利用して原価を下げているので、価格での
勝負になると淘汰される。
3、ストーリーを伝える

「材料と調理にこだわったお弁当 3000円」は
商品の完成までのストーリーを表現しないと
伝わらない。
・どんなお客様がいたから作ろうと思ったのか?
・どういう想いから作られているのか?
・その材料に辿り着くまでのストーリーは?
等々を表現することで初めて、その価値が伝わり
食べてもらえる。
4、売り方を学びたければ・・・

良い商品を作っている経営者ほど、
「売り込まなくても売れる秘訣」を学ぶ必要がある。

・売り方の真髄
<実践ポイント>
1、「影響力の武器」か「人を動かす」を読んでみよう。
2、「売り方の真髄」で商品の魅力の伝え方の基礎
を学ぼう。

 

コメントを残す