集客で必要なのはゴールからの逆算

■動画コンテンツのレジュメ

1、全体像を把握する
仲間(同志)
↑ 共感
コア・コミュニティ
↑ 共感
オープン・コミュニティ
(メルマガ、通信講座、会員サイト、グループチャット)
↑ 共感
出会い
(書籍、公式サイト、ブログ、JV企画、facebook、Twitter、
インスタ、デジタルコンテンツ等々)

2、集客のゴール

集客のゴールは、
「ひとを集めるのではなく、
ひとが自然と集まる場を作ること」

ウェブ上に、ひとが集まりたくなる場を
作れば、自然と集客に繋がっている。

究極的には、場がなかったとしても、
“ひと”が自然と集まる“ひと“になること。

場=ブログ、コンテンツ、SNS等

3、情報発信とは伝えること
情報発信をするときに、
「何を誰に伝えたいのか?」

そこに熱い想いがあることが何よりも重要。
(熱さがなければ、情報が正しくても伝わらない。)

Ex.経営、人生で悩んでいる仲間に向けて
4、ライフワークとして発信する

情報発信の目的をビジネスではなく、
ライフワークとして発信すると定義する。

僕の情報発信の目的・・・
・人生の軌跡を残すこと
・同じ志を持った仲間を集めて、
ともに学び成長すること

5、情報発信の始まり・・・
まずは、不特定多数ではなく、一人のひとに
向けてブログを書くことから始める。

「身近な課題、困難に直面しているひと」

が読んだときに解決できるようなブログになって
いれば、同じようなひとが読んだときにも伝わる。
(昔の悩んでいた自分に向けて書くのもオススメ。)

6、何に悩んでいるのか?
Amazonのベストセラーランキングから世の中の
ひとが何に悩んでいるのかを調べてみた。
・美容、ボディーメイク
・暇なときにすること(小説、ゲーム、漫画)
・お金(副業、投資)
・性の悩み
・人間関係(夫婦、恋愛、出会い、職場)
・健康(うつ、がん、肩こり)
・成功法則、能力開発、学習方法
・将来への漠然とした不安

7、読者にどうなって欲しいのか?

旧世界      →    新世界
(ダメな自分)        (理想の自分)

人間関係の悩み  →  本当の仲間
お金の悩み     →  価値を生みだす力
メタボの悩み    →   食生活と運動習慣の改善
8、終わりに・・・

<実践ポイント>
1、誰に何を向けて書くのかを決めてみよう。
2、昔の自分に向けて、こんなブログ、コンテンツ
があったら良かったなというものは何かを考える。

 

 

 

 

 

コメントを残す