モノレート(旧Amashow)の個別出品者一覧まで仕入れでチェックする理由

質問:個人出品者が最低価格の場合、中までしっかり見るときと見ないときの
違いはなんでしょうか?

回答:明らかに見ないでいい基準を明確にするためには、
見たほうがいいパターンを全て理解している必要があります。
(動画でいくつかのパターンを紹介しますので、各ジャンルに
応用して、見たほうがいいパターンが全て覚えれるまでは
つぶさにチェックしていきましょう。)

2件のコメント

  • 三森

    この動画の説明を1度目に見たときには、中古品の状態による差があるため個別出品者まで確認することが大事だということが印象に残っていました。
    改めて見たときには、新品の出品者で商品の状態を間違えたりしていることによる価格差が発生するというのを実際に経験していませんが、中古品でAmazon規定と違う判断をしている人を見ていたので新品も確認をすることが必要だということが実感できました。

  • 原田大輔

    とくに中古価格でのコンディション内容を仕入れ時に参考に出来るなと思いました。
    初めての商品の場合、中古の扱いがどこまで及ぶのかが分からないので気が付かなった視点です。

コメントを残す