”やり方”でなく、”在り方”を大事にする

■動画コンテンツとレジュメ
1、在り方からやり方を再定義する

事例:
「今の人生がどんなふうになれば、より幸せですか?
何を実現するために仕事をしていますか?」

という問いに対して、あるクライアントは
こう回答していました。

「今の副業で独立して、子どもとの時間が取れて、
家族で仲良く暮らすことができたら幸せです。」

2、理想と現実のギャップ
<理想>
「今の副業で独立して、子どもとの時間が取れて、
家族で仲良く暮らすことができたら幸せです。」
<現実>
「副業の取り組み方が原因で、家族と喧嘩が
絶えなくなっていて、子どもにも不安を与えて
しまっている。」

3、“やり方”に固執する危険性
<理想>
「今の副業で独立して、子どもとの時間が取れて
、家族で仲良く暮らすことができたら幸せです。」

上記が理想なのであれば、家族を犠牲にする
“手段”は選ぶべきではない。
多少、困難な道でも別の“手段”を模索すべき。

4、優先順位を明確にする
“在り方”を決めるというのは、
優先順位を明確にすることに等しい。
(もちろん、緊急度によって優先順位が変動する
ことはある)

そして、あとは優先順位の通りに行動していく。
ただ、このときに邪魔をするのが常識であったり、
思い込み。

5、世間の常識が邪魔をする
<相談事例>
“「人を大事にして、じっくり育てていきたい。」
と思っているのに、勤めている会社の方針が結果主義で
短期間で営業成績がでない社員の首をスグにきる方針で上司ともめる。“
選択肢は二つしかない・・・
1、今すぐ辞めるか
2、自分の信念をまげて妥協するか

“在り方が定まっている人”は、迷いなく辞める。
(理由は「そう生きたい。」というだけ。)
定まっていない人は、辞めることに躊躇する。
「辞めたら迷惑かけるかな?」
「お金に困るかな?」
「次の仕事が見つかるかな?」
とか常識的に多くの人が言っていることが頭に浮かぶ。

<実践ポイント>
1、自分が本当に大事にしたいものを明確にしよう。
(自分が理想を体現した人間になる。)
2、その上で、理想を世界に広げていこう。

ビジネスの成功よりも価値あるものを見つける

■動画コンテンツとレジュメ
1、生き方からビジネスを再構築する

どういった生き方をしたいかを決めて、
それを実現するために仕事をする。
・誰と一緒にいたいのか?
・どこにいたいのか?
・どんな世界を作りたいのか?

上記を仮設定することで、どういう事業を
していくべきかが決まる。

2、どんな生き方があるのか?
“生き方”を決めるといっても、どんな生き方を
している人がいるかは知らなければ、
過去の延長線上にしかない。

大切なのは、まずは、たくさんの生き方
を知ること。

その中から熱く
「こんな生き方をしたい!」
と思えるものを見つけて繰り返し読みこむ。

3、偉大な生き方を知る①
・奇跡のリンゴ
・怪物フィクサーに学ぶ「人を動かす」
・田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

4、偉大な生き方を知る②
・論語物語
・海賊とよばれた男
・お~い竜馬
5、過去の経験してきたことを棚卸しする

<事例>
「田舎のパン屋が見つけた腐る経済では・・・」
・サラリーマン時代に食品偽装の闇をみる。
(小さくても本当のことがしたい。)

・パン屋になることを決意する

・修業時代のパン屋で資本主義の闇をみる
(劣悪な労働環境、技術革新がもたらすもの)

・腐らないパンと腐らないお金に違和感を覚え、
小さくてもいいから田舎で循環を生みだすパン屋
を営むことを決意。(田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」の販売に至る)

6、人生の棚卸しをする
人生を通してどういった経験をしてきたか?
<良かったことからの学び>


<悪かったことからの学び>


それらの経験から、どんな未来を描いて
いきたいのか?

<実践ポイント>
1、「偉大な生き方を知る」のところから
何か1冊でいいので読んでみよう。
2、人生の棚卸しをしてみよう。
(また、そこからどんな未来を描きたいのかを書いてみよう。)

 

顧客教育と顧客洗脳の違い

■動画コンテンツとレジュメ

1、教育と洗脳の違いとは何か?
・教育
生徒の可能性を広げ、気づきと学びを与えるもの
・洗脳
生徒の可能性を狭くさせ、依存させるもの。
2、“母性の愛”か“父性の愛”

【母性の愛】
とにかく無償の愛をそそぎ続けて
立派な大人になるまで成長を見守る。
(この段階では、子どもは親に依存している)
【父性の愛】
子どもが大人になったら、可愛い子であっても
旅をさせて試練を与える必要がある。
外へ出れば、痛い目にも遭うかもしれないが
ここを乗り越えるから大人になれる。

3、母なる大地が足枷になる
トマトの木になる実の数は、母なる大地が足枷
になっていたのかもしれない・・・(水耕栽培)

4、マスコミの刷り込み(洗脳)に気づく
・マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている。
・日本の真相!

5、操作されている情報
・お金と銀行のからくり
・通信社・新聞・テレビの本質
・食品業界の闇
・医療業界の闇
・原子力発電所の闇
・政治と経団連との繋がり

マスコミは、スポンサーに都合の悪い情報を
流さないので、自分で真の情報は取りに
行かないといけない。

6、あるべき教育の理想
・刷り込みを外す
・無限の可能性に気づいてもらう。

人間はそれぞれ、“リミッティングビリーフ”
が存在する。

それらの制限を外し、無限の可能性に
気づいてもらうのが教育のあるべき理想。

<実践ポイント>
1、「日本の真相!」を読んで、隠された闇を知る
2、「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」
を読んで、お金の真実を知る。

リピート客を増やす方法から見える人間心理

■動画コンテンツとレジュメ
1、リピート客を増やすというより・・・

リピート客を増やすというとテクニカル的な
印象を持つかもしれないが、要するに・・・

“ずっと使い続けたいサービスとは何か?”

を求道し続けることかなと思う。

2、ずっと使いたいと思われるものとは?
あなたが、ずっと利用し続けたいなと思う
サービスはありますか?
・ココロとカラダが喜び、安らぐもの
・人生の指針になるもの
・つねに進化し続けているもの
・回数を重ねるごとに新たな発見があって、
深みがあるもの。

これらのサービスであれば、
人生を通して使いたいと思える。

3、何故、サービス(商品)を利用しなくなるのか?
・商品、サービスで自分のニーズが
満たされないと感じたから。
・商品、サービスに飽きた。(卒業した。)
・商品、サービスに対して、購入できない
現実的な理由ができた。

4、サービスを利用停止する理由1
理由1
商品・サービスで自分のニーズが満たされない
と感じたから(価値を感じなくなった。)

改善策1
・商品、サービスを顧客のニーズを満たすよう
に作りかえる
・商品、サービスから顧客が価値を感じることが
できるように新しい視点を伝える

5、サービスを利用停止する理由2
理由2
商品・サービスに飽きた。(卒業した。)

改善策2
・次のステージへ進化するためのサービス、
商品を用意する

6、サービスを利用停止する理由3
理由3
商品・サービスに対して、購入できない
現実的な理由ができた。
(時間、お金、経験等の制約)

改善策3
顧客の状況に合わせた、オーダーメードプランを
提示する。
(お金以外の価値を提供してもらうこともできる。)

7、老舗企業は何故、100年続くのか?
100年間ずっと同じものを売り続けて
きたわけではなく、毎日、数%ずつでも進化
し続けてきたら、100年以上続く老舗企業になった。

時代に応じてニーズは変わるが、
時代が変わっても求められる深みを
出しながら、進化し続ける企業になる。

<実践ポイント>
1、ずっと使い続けたいと思われるための
ことを思いつく限り、TO DOリストを書き出す。
2、ひたすらTO DOリストを実現していく。

売上を上げることを経営の目的にしない

■動画コンテンツとレジュメ

1、経営の目的を見失わない

売上アップに目が眩んでいるときに、
経営の目的を見失ってはいけない。

・何のための事業なのか?
・どういう世界にしていきたいのか?
・何を大事にしていきたいのか?

を明確にしてから、売上アップの戦略を
考えなければいけない。

2、抽象⇒具体の順番で考える
コミュニティの在り方を決めるときも一緒。
・推奨するライフスタイルを多くのひとに
体現してもらい幸せな人に増えて欲しい。
・そのために、新規事業を立ち上げよう。
・コミュニティの優先順位をゼロベースで見直す。
・今、一番大事にすべきものに一致団結して
エネルギーを全力で注いでいく。

3、巷の高額塾を見ていて思うこと・・・
プロモーションで売上1億円達成!
参加者が100名を超えているが・・・
・サポート体制が整っていない。
・コンテンツがない
・参加者が疲弊している
・被害者の会が立ち上がっている

と表面的には売上が上がって上手くいっているよう
に見えるが内情はボロボロというケースは良くある。

4、売上アップよりもコミュニティの繁栄
「売上アップ=コミュニティの繁栄」とは限らない。
【売上アップ】
・・・高額塾の例で言えば、広告費をかけて露出を増やすほど、売上アップには繋がる。

【コミュニティの繁栄】
・・・理念が広がることによって、同じライフスタイルを送るひとが増えること。(結果として、売上アップするかもしれないし、売上に繋がらなくても理念が広まることは
ある。)

5、数と質の両方を大事にする

数が増えると質が下がる
⇔質を上げると数が減る

この二つは表裏一体になっていて、
位置エネルギーを高く保つと孤独になる。

位置エネルギーを下げると安定するが心は冷える。

6、陰陽を意識して生きる

陰(いん)
・・・日の当たらない時期。
インプット(学習)を重視して、質を高めることに
集中する。

陽(よう)
・・・日の当たる時期。
アウトプットを重視して、露出を増やしていく。
露出が増える分、悪いところも見えるようになるため、
陰(いん)の時期に修行が進んでいることが大事。

<実践ポイント>
1、経営の目的をもう一度見直してみる。
2、コミュニティの繁栄を大切にしたうえで、売上アップに繋げられるか考える。

 

 

 

集客の成功事例から何が見えてくるのか?

■動画コンテンツとレジュメ

1、なぜ、集客に困ることになるのか?

・世界観が共感されていない。
・入り口の露出が少ない
・教育やサポート体制が整っていない
・一生付き合える仲間になっていない
・紹介が生まれていない

上記の5つの項目のうち、どこかがネックに
なっていると集客に困ることになる。

2、夢を応援してもらえているか?

その会社の夢に共感してもらえれば、
理屈なしで応援してもらえる。

・世界中のひとが、食べるだけでココロもカラダも
元気になるような食生活を送ってほしい。
・20歳のときに出会ったお客さんが、お婆さん
になるまでオシャレで若々しくいられる
コーディネートのお手伝いをしたい。
・世界中のひとが死を迎えるときに苦しむことなく
安らかに今世を全うするための医療を推進したい。
等は、僕が聞いた中では共感できる夢でした。

3、コミュニティになっているか?

コミュニティとは、
「目的を共有している仲間」である。
(一緒にいるだけの取り巻き集団ではない。)

自社の会社のお客さんに会社の目的を共有
して応援してもらえているならコミュニティの一員
といえる。

4、選民思想的なコミュニティにしない

【選民思想】・・・自分たちが(神が選びたもうた)優れた民族であるという
エリート意識を持ち、他の民族を救済し、従え、率いて行かなくては
ならないという使命感に結びつく。

【理想のコミュニティ】
自分たちが言うことは絶対であると思っていると、
エゴイスティックになり共感されることもなければ繁栄もない。
あくまで自分たちも凡夫であり、多くの欠点や
過ちがあることも理解しながら、共に補い合いながら
頑張っていこうというスタイルが大切。

5、入り口は具体的でわかりやすく

抽象度が高い思想を学べば学ぶほど
具体的なことがばからしく感じてくるが
そうであってはいけない。

「食、健康、人間関係、お金、住環境」
と具体的な事象で悩むひとの方が圧倒的に
多いため、それらの悩みを切り口に根本原因を
改善していけるように導く必要がある。

6、事例(入り口は具体的に・・・)

「逆流性食道炎」で悩んでいる経営者がいて、
食生活を糺すことをオススメしたら完治した。
(具体的には、添加物・化学調味料・白砂糖を避ける生活を送った。)

しかし、逆流性食道炎が食生活に原因が
あるという認識すらなかったため、ウェブで検索するなら
「逆流性食道炎 原因」
等で探すことになる。

7、教育やサポート体制の整備1

教育やサポート体制が整っていないところに
人をたくさん集めても漏れていくだけ。

集める労力だけ無駄なので、
それなら器(うつわ)を作ることに集中した
方がいい。

8、教育やサポート体制の整備2
<オフラインの場作り>
・飲食店
・セミナールーム、会議室
・病院、美容室、サロン
<オンラインにおける場作り>
・ブログ
・会員サイト
・Skype
・メールマガジン
※オンライン×オフラインを欠点を補完しあう。
深い信頼関係の構築はオフラインでしか得られない。

<実践ポイント>
1、集客に困っているとしたら、この動画で
何が原因かを改めて見直す。
2、一番、エネルギーを注ぐべきポイント
がはっきりしたら、そこに全力で時間を投入する。

伝え方のコツを知らない経営者の悲劇

■動画コンテンツとレジュメ
1、伝え方を知らない悲劇

・材料と調理にとことんこだわったお弁当 3000円
・伝え方にとことんこだわったお弁当 3000円

だと残念ながら売れるのは「2」になる。

もちろん、長期的に見れば、そのお弁当が
口コミで広がり、コミュニティができれば「1」
の方が長く残っていく可能性はある。
2、美味しいお店ほど潰れていく

本当に手間暇かけて丁寧に料理をしていた
飲食店ほど潰れていくという現実がある。

多くの飲食店は、
添加物、化学調味料、保存料、着色料等を
利用して原価を下げているので、価格での
勝負になると淘汰される。
3、ストーリーを伝える

「材料と調理にこだわったお弁当 3000円」は
商品の完成までのストーリーを表現しないと
伝わらない。
・どんなお客様がいたから作ろうと思ったのか?
・どういう想いから作られているのか?
・その材料に辿り着くまでのストーリーは?
等々を表現することで初めて、その価値が伝わり
食べてもらえる。
4、売り方を学びたければ・・・

良い商品を作っている経営者ほど、
「売り込まなくても売れる秘訣」を学ぶ必要がある。

・売り方の真髄
<実践ポイント>
1、「影響力の武器」か「人を動かす」を読んでみよう。
2、「売り方の真髄」で商品の魅力の伝え方の基礎
を学ぼう。

 

ビジネスセンスがないことは成功に関係ない

■動画コンテンツとレジュメ

1、MASAHIROのビジネス経歴
大学3年生 サイトアフィリエイトに挑戦するも
面白さを感じられず、1年で挫折する。
(ブログも半年以上も無報酬で更新し続けた
経験がある。)

ここだけ見れば、僕はビジネスセンスがないことになる。

2、当時を振り返って思うこと・・・
「副業で片手間で収入を上げれるよう
になりたい・・・」

この思考が全てを遠回りさせていた。

ビジネスセンスがなかったというよりも
当たり前の基準を低く設定してしまっていた。
(煽り広告で楽そうに書いているので、そこでの
弊害もあるが・・・)

3、プロとの出会いが幻想を砕く
僕が大学4年生の頃に自営業者として
生計を立てているプロに数多く出会う。

自分が思い描いていた基準よりも
遙かに高い基準で仕事をしていて
圧倒的な実力差を感じた。

と同時に淡い期待を打ち砕いてくれた。

4、努力の在り方の共通点に気づく
多くの経営者の話を聞いたり、成功に至る道筋を聞いていて思ったことは、努力の在り方は、
ビジネスでも受験勉強でも一緒だなということ。

「守破離」があり、
その分野で上手くいっているひとを指導を受けて
仮説&検証の繰り返し。

これ以外に道がないことを理解してからは早かった。

5、センスがないなら完コピする
今の時代、インターネットビジネスで生計を
立てているひとは山ほどいるし、指導を受ける
ことも、それほど難しくない。

書店で本を探せば、かつて何万円で
販売されていたようなノウハウも1冊1000円
程度でいくらでも見ることができる。

大切なのは、「この人から学ぶ!」
と決めたら徹底して反復学習すること。

<実践ポイント>
1、なんでもそうですが、10回挑戦して1回成功すればいいや!くらいのマインドで取り組もう。
・本も10冊買って、1冊良い本があればいい。
・ノウハウも10個実践して、1個でも形になればいい。
2、「これだ!」と思ったもの(本、ノウハウ)があれば、
7周以上は反復学習する。

起業アイデアを考えていると何故成功できないのか?

■動画コンテンツとレジュメ
1、起業に成功するために・・・

起業にアイデアは必要ない。
経験がないことを始めるのであれば、
まずは、リスクが少ない成功事例から選ぶ方が確実。

全く新しいクリエイティブな起業を考えるのは、
徹底的に真似をして、成功したあとに余剰資産で
行えばいい。

2、今使えるリソースを書き出す
経験・・・これまでどういう経験をしてきたか?
時間・・・1日何時間の作業をできるか?
お金・・・初期投資はいくらまでならいけるか?
(創業融資やクレジットカード枠も考慮する)
人脈・・・どんなご縁があるか?
(初期段階では良い人脈はないことが多い。)

3、経験を活かして成功しているケース
・ダイエット経験を活かして、ダイエットで成功するための
コミュニティを運営。
・結婚相談所で結婚できた人が、素敵なパートナー
に出会うまでをナビゲート。
・デザイン会社に勤めていたひとが、デザイナーとして独立。
・宅浪で早稲田大学に合格したノウハウを公開し、
受験生をサポートするサービスを運営。
・ボディビルで体を鍛えるのが趣味だったひとが個人トレーナーとしてウェブ上でサービスを運営。
※どれも簡単なホームページ制作かSNS,ブログ運営
くらいの知識は必要

4、未経験でも成功するケース
営業代行
・・・すでに良い商品があって、それを信頼関係を構築できたひとに薦める。(経験者に学ぶ方が早い。)
転売ビジネス(国内、海外を含む)
・・・リサーチのコツをつかめば誰でも利益商品を探せるようになる。(経験者に学ぶほうが早い。)
グーグルアドセンスのアフィリエイト
・・・アクセスが集まるサイトができれば一定数がクリックをするため収入になる。
(ex.トレンドアフィリ、YOUTUBER)

5、感覚をインストールする
これから経営者になる上で重要なのは、
成功している経営者の感覚をインストール
することです。

多くのひとは起業に成功している経営者が身近にいないこともあってか、サラリーマンの価値観になりがちです。

経営者とサラリーマンは優先順位もお金の感覚も
違うので、一番早いのは一人のメンターを見つけて
感覚を丸ごと写すことです。

6、心から取り組みたい事業をする
ゼロから起業できる手段を身につけたら、
次は自分が絶対に成し遂げたい事業に挑戦する。

・今の世界はどうなっているのか?
・どんな世界を作りたいか?
・そのためには何が必要か?

たくさん勉強して、本当に人生かけて熱くなれる
ことに全力を尽くす。

<実践ポイント>
副業から独立へのルートは僕が何百人と指導して導いてきているので、ブログを読んでもらうと参考になります。

 

ネガティブな思考を克服するための習慣

■動画コンテンツとレジュメ

1、ネガティブな思考になる原因
・過去からの思考の癖(くせ)
・住環境の影響
(空気が悪い、汚い、散らかっている、ものが多い)
・人間関係の影響
(過剰なストレス、愚痴・不平不満が多い、)
・不健康な食生活
(添加物、化学調味料、白砂糖、農薬、化学肥料等のカラダに悪影響を与える食べ物の摂取)

2、浄化(デトックス)の習慣
・過去の思考の癖(くせ)
未来からの時間感覚、言霊(ことだま)の力
・住環境の影響
引越し、掃除、火風水(ひふみ)の法則
・人間関係の影響
鼻うがい、ブレインエネマ
・不健康な食生活
食生活の改善、腸内洗浄、微生物の摂取

3、過去からの思考の癖を克服する
ドラゴンノート(未来からの時間感覚)
未来の理想の自分にfake it(成り代わって)して生きる。

毎朝、毎晩のアファメーションで
潜在意識を書き換える。

言霊の力を使う
ネガティブな言葉がでてきたら、
「キャンセルします。」と宣言する。

4、住環境のエネルギーを上げる
・引越し
「騒音がする、薄暗い(日当たりが悪い)、治安が悪い、空気が重い、冷える、電磁波の被害がある」
というような場合は引越しも検討する。
・掃除
・断捨離(不要なものを持たない)、
・掃除(とくに、水回り、玄関、寝室は念入りに。)
・火風水の法則
火(線香、生体ろうそく、暖房)
風(風通しを良くする、空気清浄機、サーキュレーター)
水(浄水器、加湿器.etc)

5、人間関係の影響
一、家族、仲間、友達のネガティブな行動、発言
二、マスコミが流すネガティブな情報
不快な感情の蓄積(嫉妬、恨み、怒り、憎しみ)

・ブレインエネマ(脳のデトックス)
水に溶ける紙に自分の不平不満を書いて、
トイレに流す。

6、食事から摂取される毒素
添加物、化学調味料、白砂糖、農薬、化学肥料等の人体に悪影響のあるもの
ex.酵素系、腸内洗浄、食べない

ネガティブな想いで作られたご飯を食べることでの感情への影響
ex.水の植物への与え方

<実践ポイント>
1、ブレインエネマをしてみよう。
2、部屋の掃除をしてみよう。