HN鈴太郎さん(投資としての物販ビジネス講座)

今回、成功者の対談音声に登場していただく
のは、鈴太郎さん(ハンドルネーム)です。

会社経営もされているので、実名は伏せたい
ということで愛犬の名前をいただきました。笑

年商数億円規模のビジネスを共同経営されて
いる鈴太郎さんから見た国内転売ビジネス
とは?

に着目して聞いてみては面白いのではない
かと思います。

すでに生計を維持するには十分な収入を得ている
鈴太郎さんは興味半分で受講してくれたのですが、

国内転売歴 4ヶ月
月商 100万円
利益 38万円

を達成されて、今は大学生の息子さんに転売事業
を任せているそうです。

http://systematictrade.net/c636
「成功者の対談音声(HN 鈴太郎さん)」

鈴太郎さんは数十年勤め上げた会社で培った
知識・経験・人脈・技術力をもってスピンオフ。

海外でのオフショア開発事業で100名を超える
社員がいる会社を経営されています。
(いわゆる労働力アービトラージですね。)

鈴太郎さんとも話していましたが、いわゆる
実店舗・ネットショップ仕入れをメインに
するなら個人で専業なら月商500万円
(利益100万円)くらいで頭打ちする人が多いん
じゃないかと思います。

で、そこからはスタッフを入れて月商4000万円
を達成されている経営者の方もいるのは知って
いますが、僕はモデルチェンジを推奨しています。

・新規カタログ出品
(オリジナルセット商品の登録)
・卸販売
・OEM生産
・ネットショップ運営
(継続的な顧客との関係性を築けるモデル)
・メーカーと独占販売契約
・コンサルティング事業
・ツール開発
・高額商品の転売(中古車、ブランド品等)

といった感じで物販だけでも、一つ上のパラダイム
のモデルが存在します。

もちろん、そこに参入するには新たに知識・技術
が必要です。

しかし、それが参入障壁となり、上のパラダイムに
いくほど、利益率は上がり、労働対効果がアップして
いきます。

安易にレバレッジをかけた拡大をするよりは、
知識・技術を磨いて行ったほうが長期的に
見たほうが良いというのが僕の見解です。

それにしても、大学生で利益38万円を出して
さらに家庭教師のバイトも趣味でしてるとは
いい生活ですね。笑

コメントを残す