デモ口座とリアル口座の成績に違いの裏に潜むもの

こんにちは。MASAHIROです。

今日は、「デモ口座で勝てるのにリアル口座になると勝てない原因」について解説しようと思います。

その違いには、人間の認知方法が大きく影響しています。

人間の認知には2つのステップがあるといわれています。

1、重要度の決定
2、評価の決定

です。

この機能は膨大な情報を処理するために脳が行っている省エネ機能だと思っていただければいいです。

何億ビットという情報量を全て脳で処理し続けると非常に負担がかかるので、重要なものだけ優先して処理をしているのです。

優秀で便利な機能なのですが、省エネをすることによって、不合理な選択をしてしまうことが多々あるのです。

1.脳のチャート認知の2ステップ

(1)重要度の決定

人間には過去の経験をもとに重要度を決定し、それに従った認知を行います。

FXのチャートを見る人間心理を考えるもらうとわかりやすいはずです。

急落した時に過去のリーマンショックでの大損の経験を持つひとは過剰に反応するかもしれません。

偏ったフィルターがかけられてしまうのです。

FXで勝てる人はこの人間の世界を構成するロジックと客観的な世界のロジックを上手くシンクロさせることができている人ともいえます。

デモ口座では勝てるのにリア ル口座では勝てないって現象も、お金に対する欲というフィルターが邪魔をしていることが原因なのです。。

必要なものが見えなかったり、必要じゃないものが見えてしまう。

そういった理由から、優秀な投資家は確立統計論やテクニカル分析とかで数字という客観世界に近いフィルターを通してトレードを行っているのです。

また、純粋無垢な子どもの方がゲーム感覚で勝てたり、ギャンブルとかで起こりがちなビギナーズラックも関係してきます。

偏ったフィルターがかかっていないので、集団心理と逆の動きをして勝つことができるのです。

(2)評価の決定(「感情」によって特徴付ける)

世界を構成するロジックが異なれば、選択する行動が変わります。

大損したことがあるトレーダーとかは、チャートを見るたびにその時の記憶がよみがえって邪魔をするってこともありますね。

これはコンサルをしているときにも非常に強く感じる事なのですが・・・

一つのノウハウを教えても、その人のロジックで解釈されてしまうからどんなに細かく丁寧にマニュアル作っても限界があるということに気づきます。

これが手法だけを学んでも勝てない理由の一つだと考えています。

こういう人に必要なのは、”さらに詳しいマニュアル”ではなく、

・新しいロジックを与えること。
・新しい視点を与えること
・新しいフィルターを与えること

どれも同義ですが、そのノウハウの原理原則・意味を抽象度が高い世界で理解できないと取り組むことができません。

それを僕はメンタルブロックだと思っています。

本当は壁なんてないのに、世界を構築するロジックが壁を生み出してしまっている。

ステージが上がっている人は、一言のアドバイスをするだけで、「なるほど!」と再現できてしまいます。

トレードで上手く勝てないという人は、自分の常識を壊すことろから始めるべきなのです。

この常識を壊すときには、人によっては時間がかかることがあります。

僕は最初はノウハウコレクターにならないように一つのノウハウで成果がでるまでは次のノウハウは買わない方がいいと思っていました。

しかし、今は少し考えが変わっています。

教材・書籍を買う=フィルターを増やす

という行為にすぎないのです。

一つのノウハウを実践して、どうしても作業がつらかったり、行動できなくなったら、止まって行動できなくなってしまいます。

止まるということが最もしてはいけない選択肢であることを考えると、新しい世界を見るために教材・書籍を購入すべきだと思うのです。

結局、一つの教材・書籍でロジックを壊すことができない場合でも、複数の教材や様々な体験をすることで壊せるロジックもあるのではないかと・・・

教材購入を止めることでモチベーションが保てなくなり、FXを辞めるのが一番もったいない。

教材・書籍を購入することでFXを続けるモチベーションに繋がるなら投資として考えてもいいように思えてきています。

1、マクロの世界・・・ノウハウコレクターになってはダメ。

2、ミクロの世界・・・ノウハウコレクターになってもいい

一見矛盾してみえるかもしれ ませんが、抽象度の高い世界では両者は同じだといえます。

3、ノウハウは自分を進化させるために買うべき。


このロジックがあれば問題ないわけです。

その教材を購入して進化したかどうか?

進化してないなら、買うべきではなかったし、進化してたなら成果に関係なく買うべきだったといえます。

逆に成果が短期的に出たとしても、それが自分を全く成長させないものであれば意味がないのです。

自動売買を購入するにしろ、裁量商材を購入するにしろ、自分自身が進化するかどうかを基準で選んでくださいね。

学習・集客・教育・販売に関するパラダイムシフト

こんばんは。MASAHIROです。

今日は、お風呂でリラックスしてるときにパッと閃きのようなものが出たのでシェアしておこうと思います。笑

「全は一、一は全」という言葉はご存知でしょうか?

この世にはミクロコスモス(小宇宙)とマクロコスモス(宇宙)が存在しています。

ミクロコスモスは人間のことを指し、マクロコスモスは宇宙のことを指します。

このミクロコスモスとマクロコスモスは同じロジックで構成されており、その共通のロジックこそが真理であるとし、学者は真理の探究を続けています。

それが、すなわち「全は一、一は全」ということです。

さて、このことを前提として、学習・集客・教育・販売について、改めて考え直してみました。

僕は以前から、集客は苦手意識がありました。

・SEO対策(被リンク・検索エンジン登録・内部SEO)
・集客用の無料レポート作成
・記事更新

などです。

別にできないことはないのですが、モチベーションが全然維持できません。笑

何よりも作業をしていて、擦れている感覚があったのです。

一方で、学習と教育と販売に関しては楽しいしモチベーションがどこまでも続きます。

人に頼られるのは悪い気はしないし、考え続けることも苦痛は一切ありません。

新しいことを学習して、それを教育コンテンツとして作り上げる工程は非常に楽しいものです。

自分自身のステージが上がりますし。コンサルティングは天職だと思っています。

また、プロモーション(販促)も得意です。

自分の戦略で人が動いて爆発的に売上が発生するのは快感ですし、プロモーションの準備をしているときも非常にワクワクします。

そこで、今までに至っていた結論は、

「大きな媒体を持っている人や集客コンテンツを作るのが得意で販売が苦手な人とJV(ジョイント・ベンチャー)して収入源を作ってしまおう。」

というものでした。

これは一つの考えとしては有効で、実際に教育・販売が苦手な人って多いです。

しかし、そもそも学習・集客・教育・販売を分けて考える意味はあるのか?

むしろ、「学習=集客=教育=販売」にしてしまえば、好きな学習と教育と販売をすることが集客をすることに繋がると気付いたのです。

「全は一、一は全」です。

新しいことを学習している時点で教育のネタを考えはじめ、そのネタは集客・販売にも繋がります。

販売(セールスレター)の時点で、教育・販売へも繋がっています。

教育コンテンツも、集客コンテンツになり、その先の販売への伏線にもなっています。

ここに明確に気づいたときにパラダイムシフトが起こりました。

今まで何となく、コンテンツの流用をしていけばいいんだなというテクニックベースで理解はしていましたが、いまいち使いこなすことができませんでした。

しかし、それが明確に理解できたのです。

ステージが上がった瞬間がわかりました。

ポケモンがレベルアップするときに音がなるように、ステージが上がる瞬間はわかるものです。

「One source multi use」を完全に自分のものにできた瞬間でした。

これに気付いた僕は、ますます、ビジネスが楽しくなりました。

今まで、いずれSEOや集客についても、いずれは、深く学ばないといけないな~と思っていたのですが、大好きな学習・教育・販売をすれば集客にすることができるからです。

いや~こんなに楽しいことだけしていていいのか?と不安になるほどです。笑

今回の話は理解できましたか?

感覚的にでもわかってもらえれば幸いです。

ワークとして、「全は一、一は全」の考えを自分の作業に当てはめて応用できないか考えてメールやコメントをしてみてください。

理解が深まると思います。

スカイプチームを作って指導していく本当の意味

どうも。MASAHIROです。

最近、インプットの量が半端なく多いので、アウトプットして知識の新陳代謝を高めていこうと思っています。笑

あなたは、この記事を読んで自分なりの考え・新しい視点・質問がないかを常に考えながら返信することを前提で読んでください。

そうすることで間違いなく、あなたの視点は増えます。

視点が増えるということは以下のようなメリットがあります。

1、独創的で完成度の高いビジネスのアイデアが生み出せるようになる。
2、コミュニケーションスキルが向上する
3、文章力が向上する。
4、ノウハウを聞いたときに、すぐに完成度の高い応用が思いつく。
5、ステージがあがる

このように新しい視点がないか考えながら読むことは、良い事だらけなので、まだ、実践したことがない人ほど頑張ってみてくださいね。

今回のテーマは

「スカイプのグループチャットを作って指導していく本当の意味」

僕のコンサル生には、初期段階でSNS(twwiter、facebook、mixi)等からビジネスを一緒に頑張る仲間を連れてきてチームを作ろうと指導しています。

そこで、無料オファーを成約させたり、コンサル生を成長させるために良い教材があれば、バックエンドとして販売することができるのです。

これを実践するために

「人見知りでもできる!ツイッター×スカイプマーケティング」

という形でノウハウにしているわけなんですが、表面的な意味しかとらえられていない人が僕が見ていて、かなり多い。

最悪なのは「無料オファーを成約させるノウハウ」という風にだけしか捉えられていないことです。

まあ~無料オファーを成約させるだけでも月30万円くらいは稼げてしまうので、一瞬にして食べていけるようになるのですが、そんな次元の低い話をしているわけではありません。

これは無料オファーを稼ぐためのノウハウではなく、

・初期コミュニティを最速で作り上げるノウハウ

です。

そして、スカイプのグループチャットで初期コミュティさえ作れば、ビジネスが非常にやりやすくなります。

初期コミュニティの人数の目安としてはレスポンスがある同じ目標を持った仲間を50人程度を集めること。

このコミュニティのメリットは全部で10個あります。

1、同じ志を持つ仲間がいることでモチベーションが高くなる。
2、ノウハウを共同研究できる。
3、インプットした知識をコミュニティメンバーに教えることで知恵に変わる
4、集客をする際も仲間がいると数の暴力が使える
5、無料オファー・情報商材の販売などのキャッシュポイントが増える
6、究極的なリサーチが完成する
=コピーライティングスキルが劇的に向上する
7、お互いの苦手分野を補うことで問題解決が早くなる
8、お互いの世界観の共有ができる
9、ビジネスに対する視点が無数に増える。
10、仲間を集めること自体が上手なオファーの練習になる

思いつくだけでも、これだけのメリットがあるのです。

例えば、トレンドアフィリ・サイトアフィリ・メルマガアフィリ・せどり・ヤフオク・輸入転売・情報起業の何をするにしても、同じ目標を持つ仲間と共同研究した方が検証データが膨大に集まり成功しやすいに決まっている。

それなのに、一人でコツコツと試行錯誤しながらサイト作ったりしてるわけです。

・どういったサイトが売れているのか?
・どういうキーワードで稼いでいるのか?
・売上が上がったメンバーの成功要因は?
・アクセス数はどれくらいか?
・どういったことを意識しているのか?

このようなことをチームで検証すれば、3か月実践して月10万円稼げないとか考えられないと僕は思っています。

また、こういうことを言うと必ず、質問がでます。

「実績がない人は集めることができないのでは?」

これも大きな勘違いです。

例えば、僕は初めてサイトアフィリエイトの塾に入ったときにも家族を巻き込みました。

その塾は1か月5000円だったので、出来るだけ最短で結果がでるか知りたかったのです。

しかし、「300サイトの作成が目標」と塾のテキストには書いてました。

当時、公務員受験の勉強もあった僕は時間がなかったので、父と母を巻き込んで

「3人で300サイト作ろう!」

といいました。

「作ったサイトから売れたら、利益はサイト作成者がもらうこと」

という契約をしたのです。

これだったら3倍のスピードで塾のノウハウが検証できますよね。

今思えば、ツイッターやSNSで仲間を集めれば早かったのですが、当時の僕には、そこまでの発想はありませんでした。

これって僕がサイトアフィリで1円も稼いでいないときにしたことです。

実績もゼロです。

僕が教材代を払っていて、仲間は無料でそれができるだけで十分ベネフィットはあるのです。

そして、初期コミュニティのメンバーを集めるときにも上手なオファーのかけ方の練習になるということを忘れないでください。

チームに入ってもらうときにも、チームに所属するベネフィットを伝えると思います。

無料でチームに入ってもらうことすら、上手に伝えられないなら有料のものなんて売れるわけがありません。

”どのように伝えれば自分のチームのメリットが伝わるのか?”

これを考えて声掛けはしてください。

そして、この初期コミュニティの運営で実績のない”あなた”ができることは・・・

1、コミュニティの実質的なリーダーとなり、みんなの意見・成功要因を
まとめること
2、コミュニティの共通言語を作りコミュケーションを取りやすくするこ

3、双方向のコミュニケーションを取る機会を作ることで場の価値を高め
ること

です。

実績がなく指導できない立場のときは、この3つができれば十分です。

1対多のメルマガは、この初期コミュニティの段階をクリアした状態では始める方が効率がいいわけです。

正直、ちゃんと教育して、強固なファンになってもらっているなら、読者100人で100万円の売上を出すことも難しくありません。(自分が商材を購入することで、自分の成長に繋がっているならお客さんは喜んで投資してくれます。)

そして、人数が増えるにつれて、スカイプのグループチャットだけで教えていると人数が50名を超えたあたりから一人一人とコミュニケーションが取るのが難しくなります。

そこで初めてメルマガをスタートさせればいいです。

メルマガをスタートしたら以下のことを必ず意識してください。

1、書くメールは全て”読んで良かった”と感謝してもらうつもりで書くこと
2、メールの内容で自分の信頼が変動するということ
3、コミュニティの目標を常に明示すること

最低限この3つは理解しておいてください。

メルマガを最近始めたって人は特にこの3つを意識しないと誰も読んでくれないメルマガになります。

また、次に示す3つは応用編です。

これは読者数が1000人とか超えてきたら意識していけばいいでしょう。

1、相手につねに自分のこと考えさせるための工夫
2、抽象度の高い次元での考えを伝えることで相手の世界観を支配すること
(潜在意識への呼びかけ)

この二つです。

「1」は大企業は”忘れさせない”ためにCMをバンバン出してますよね。

ドコモは、日本の携帯市場シェアで1位ですが、それでも広告を打ち続けます。

それはユーザーに忘れられないためです。

個人で情報発信している僕らが忘れられないためにできることは何があるでしょうか?

一度考えてみてください。

「2」の例をひとつ上げると、10通のステップメールで高額コンサルを売りたいときに、

”自分が高額コンサル受けて人生が変わったストーリー”

を何通目かに入れたり・・・

”投資意識””行動力”の必要性を説明したりすることですね。

直接的には、高額コンサルとは関係ないように思えますが、潜在意識レベルで思考に影響を与えます。

さて、あなたは「1」と「2」の具体例で何が浮かびますか?

是非、考えてメールをいただければと思います。

その時に”自分の体験”や”得意分野”などのフィルターを通して説明するとオリジナルな意見になりますよ。

合わせて読みたい関連記事