飽和なんてしない?せどり業界で一生食っていく秘訣

僕は転売に参入して3か月間で、転売で生計を立てている7人以上のせどらーの方たちの仕入れツアーに参加しました。

その結果、参入から3か月で月商206万円(利益61万円)を達成しました。(その後も売上を伸ばし続け、7ヶ月目で月商400万円を超えてきました。)

WS000000
「売上実績」

合計15万円以上を仕入れツアー代に投入して現場の視点を直接教えてもらいました。

・大阪の日本橋のせどりツアー
・東京の秋葉原でのせどりツアー
・沖縄在住で現役女性せどらーの方とのツアー
・現役大学生で家電せどらーとのツアー
・海外オークション×カメラ転売で稼ぐ元SEとのツアー
・ヤフオクを使った電脳せどり

と本当に様々な方にお世話になりました。笑

そして、たくさんの視点を取り入れることによって

・フィギュア
・おもちゃ
・家電
・メディア(CD/DVD/ブルーレイ)
・古本
・ゲーム

と全ジャンルの仕入れの視点を手に入れ、自由自在に仕入れることができるようになりました。

また、最近では僕が教えることも増えてきたため、現役せどらーの方と一緒に仕入れにいってお互いの視点の共有をしています。

そこでわかったのが、

「転売を覚えれば一生食っていける。」

ということです。

・せどりは飽和した・・・

・今は良くても一生は食べていけないのでは?

とか言われていますが、飽和とかありえない。

飽和したと言っている人は、単に視野が狭いだけだということがわかりました。

そう言った人はジャンルや価格帯やマーケットを固定してる人がほとんどなんです。

・ブックオフ専門のせどらー
・中古専門のせどらー
・メディア系専門のせどらー
・国内転売だけしか考えてない
・輸出専門
・ヤフオク専門

こういうことを言っている人は飽和して辛いと言っていることが多いように思えます。

転売で一生食べていくための方法は二つです。

・ジャンルの縦軸を深く掘る
・マーケットの横軸を広げる

縦軸というのは一つのジャンルに対しての奥行です。

カメラというジャンルなら・・・

・新品も中古も扱う
・利ざやの取りやすいメーカーを全部覚えていく
・仕入れ先も個人商店~大型店舗まで精通する
・インターネットを通じたカメラの仕入れもする
・卸の仕入れができないか考える
・製造元から直接、購入できないか検討する
・買い取りサイトを立ち上げて直接買い取り
・海外オークションでの転売も視野に入れる
・壊れたカメラを修理して転売する

というように、縦に深く掘ればキリがないくらい掘ることができるわけです。

縦に深く掘るメリットはライバルが参入することに対して心理的障壁が高くなるので、強力な自分だけの土俵ができます。

そして、次に大事なのが横軸です。

横軸というのはジャンルの多様性です。

・フィギュア
・おもちゃ
・家電
・メディア(CD/DVD/ブルーレイ)
・ブックオフ
・ゲーム
・季節ごとに流行の商品を扱っていく

と多くのジャンルに渡って精通していることを意味します。

古本が飽和してても、別のジャンルに行けばいいですし、フィギュアが飽和したなら、家電にいけばいいですよね?

そのように多様な視点を持っていれば

「仕入れるものがない」とかありえない。

また、一生食べていくために必要なのは、「縦軸×横軸」の面積を広げ続けることです。

止まったら負けです。

そういうと大変そうに聞こえますが、そんなに難しいことではありません。

商品知識0だった僕が、たった3ヶ月で月商206万円(利益61万円)を達成できるほどの業界です。

僕はこれから転売に関しての情報発信をしていこうと思うので、是非、みなさんの疑問点を聞かせてください。

僕は初心者のときの疑問点とかが既にわからなくなっているので、そういった疑問を解決することを書いていきたいと思っています。

もし、疑問点があれば遠慮なくメッセージくださいね。

次はこちらの記事をご覧ください。

アマゾンに商品登録をしFBAに納品するまでの流れについて

質問:ある商品について縦軸を深めようとする際どのような方法を取るべきでしょうか?ゲームやフィギュアなどの雑誌を読んだりするのでしょうか?

回答:店舗に通いつめて全頭検索をしていき、商品知識つけるのが一番早いです。

もしくは、一つのジャンルをネットショップで検索していき、商品知識と相場観を身に付けるのも有効です。

■関連する質疑応答