THE FLOW(受講者の声)淺田さん~離婚寸前からの逆転劇~

こんにちは。MASAHIROです。

今回は、THE FLOW1~2期と継続していただいてる
淺田さんに対談に協力いただきました。

http://systematictrade.net/s74u
「THE FLOW(受講者の声)淺田さん~離婚寸前からの逆転劇~」

淺田さんはFLOWのなかでも、大きくライフスタイルを変えられた一人です。

会社で、精神的に病んでいる社員の面倒を見るような
役割を与えられていることもあり、その影響が残っていました。

心理カウンセラーが鬱病患者の相談にばかりのっていたら
先生が鬱病になったということは良くある話なのですが、
知らないあいだに人の影響というのは蓄積していくものです。

病院にはいったときに、敏感なひとであれば
「ズンッ」と重くなるような印象を受けると思いますが
あれは、空間のエネルギーが低いときに起こります。

逆に、空間のエネルギーが高いときは、
「スッ」と背筋が伸びるような感覚になります。
(ちゃんと神主さんが管理している神社や自然のなかであれば、そうなります。)

エネルギーが低い人がエネルギーが高い空間に入れば、
エネルギーは空間から低いひとへ流れていきます。

同様にエネルギーが高い人(Aさん)がエネルギーが低い人(Bさん)
の相談に乗ったときに気の交流が起きて、無意識に話していれば、
AさんのエネルギーはBさんに流れていきます。
(意識をすればエネルギーを守ることはできますが、
完全に止めることはできません。)

エネルギーが高い病人というのは存在しずらいので
基本的には、病院はエネルギーが低くなりやすい
わけです。

つまり、淺田さんは、
”精神的に病んでいる社員の面倒を見る”という役割を請け負って
いましたが、エネルギーの法則から考えると非常にリスクのある仕事
だと言えます。
(もちろん、働き方やデトックスやエネルギーアップの習慣で、
ある程度は、防ぐことができます。)

結果として、淺田さん自身が体調を壊してドクターストップが
かかり休職する流れになったため、体勢を立て直すことができた
のですが、その影響は夫婦関係にまで至っていました。

当時の淺田さん自身を自分で振り返ると・・・

イライラしたり、そわそわしていて、
落ち着きがなかったようです。

そういう状態で、家族と接していると、そのイライラが伝わったり、
そわそわしている空気が伝わって家族も居心地が悪くなり
喧嘩になりやすくなります。

そんなこんなで離婚寸前にまで至ってしまっていたのですが、
THE FLOWでエネルギーの法則を学び、

1、自分のエネルギーを高める
2、空間のエネルギーを高める
3、家族のエネルギーを高める

という習慣を一つずつ作っていくことで、
夫婦関係も良くなっていったとのことです。

今では以前にいた役職とは別の部署で職場復帰を果たし、
家族円満に暮らしているそうです。

以下に、淺田さんに回答してもらった受講後のアンケートを
掲載しておきます。

1、2016年4月の自分は、どんな状況でしたか?
(また、半年後、どのような状態になっていましたか?)

・ライフスタイルは?
体調不良で休職してました。

浄化や祈りを実践していたら、自分自身が落ち着いてイライラをひきずらなくなった。

・人間関係は?(友達、家族、ビジネスパートナー)
妻とうまくいかず、離婚話が何回も出ていた。不満が鬱積していた。

妻との関係が少しづつ改善してきた。

・ビジネスは?
物販は、中古家電をメインに売り上げ100万円 利益21万円

復職し、物販は縮小

・一番の関心事は?
物販で利益をあげること。

物販の利益などのお金のことより、大事なのは、人間関係だということがわかった。

2、この半年間で起きた出来事で印象深いことは?

・気に入った書籍は?
論語物語
・印象に残っているセミナーは?
浄化、寝室環境
・印象に残っているSkype勉強会の話題は?
抽象度を上げる。自分ひとりでいるとすぐに抽象度がさがってきてしまうので。
・直接、空気から学ぶことで何か気づきは在りましたか?
室内の空気が清々しい。そこにいる人は、内面が輝いているなと感じた。
そして元気をもらえる。

 

 

 

 

 

コメントを残す